大きな存在を失った任天堂

岩田氏の図

任天堂にとってだけでなく、世界中のゲーム業界に、大きな影響を持つ人物でした

その日は、多くのゲーム業界人、ゲームユーザーが、信じられないという気持ちでいっぱいでした。2015年7月11日、任天堂の岩田聡社長が胆管腫瘍で亡くなりました。インターネット上では、岩田氏と交流のある人から生前のエピソードが語られ、たくさんのユーザーが岩田氏がこれまで残してきてくれたたくさんの楽しいゲーム体験にお礼を言いました。

現実というのは残酷なもので、そんな中で経済系のメディアには、即座に任天堂の今後に対する不安を記事にするものもありました。しかし実際、岩田氏という人物のエピソードを聞くたび、これほどのリーダーを失ったことは、やはり大きなダメージであることは間違いありません。

では、岩田氏を失った任天堂はどうすればよいのか、今回はそんなお話をしてみたいと思います。といっても、DeNAとの提携によるスマートフォン向けのゲームはどうするべきかとか、新しいゲーム機の「NX」はどうなるんだとか、そういう話ではありません。それよりも、ずっと前のところの話であり、そしてとても当たり前のことかもしれません。

当たり前のことではありますが、それは大変な難題を含み、しかもできる限り迅速に行う必要があります。

次のリーダーを決めること

マリオの図

マリオの生みの親なら会社経営もバッチリ、とそう簡単な話でもなさそうです

まず、任天堂がするべきは次のリーダーを決めることです。現状では、任天堂で最も古くからゲーム開発に取り組み、Wiiの開発責任者を担当するなど、ハードウェア開発部門トップの竹田玄洋専務と、マリオの生みの親として知られるソフト開発部門トップの宮本茂専務の2名が代表取締役となり、ツートップ体制で業務をこなしていく、としています。

しかし、肝心の代表取締役社長に関しては発表がありません。そして、竹田専務も、宮本専務も、ゲーム開発分野に関しては大変な活躍をしている方ですし、古くからの任天堂を知っている重鎮に間違いはありませんが、その才能が会社経営の部分でも発揮されるかといわれれば、疑問符がつきます。

岩田氏の穴を埋めるような人物はそうはいない、ということは承知の上で、それでも、企業をひっぱっていくリーダーを決める必要があります。岩田氏の代わりはいないから、といって決めないわけにはいきません。

これが現在の任天堂の最優先であり、同時に最も大きな課題と言って良いと思います。そして新しいリーダーが決まれば、すぐにしなければいけないことがあります。