バドミントンスマッシュの打ち方のコツは?

バドミントンスマッシュを速く力強く打つコツは?

スマッシュを決めろ!

バドミントンのスマッシュといえば、数あるショットの中でも花形の見栄えするショットです。力強く相手のコートに突き刺さるショットは、決め球として用いられることも多く、ギャラリーを魅了するショットでもあります。

トッププレイヤーであれば時速500km近くのスピードが出ます。新幹線より速いスピードで向かってくるわけです。掌に収まるほどの大きさしかないシャトルといっても、それほどのスピードで飛んでくるとなると、すごい迫力です。ぜひ一度、生で見ていただきたいと思います。

スマッシュの打ち方は、基本的にオーバーヘッドストロークと呼ばれるフォーム(振り方)で打ちます。これはシャトルを遠くに飛ばすクリアというショットと同じフォームです。つまり、クリアが打てればスマッシュは打てるのです。「クリアは打てるけど、スマッシュが上手く打てない・決まらない……」とお悩みの人は次に紹介するコツを意識して練習してみてください。きっと打てるようになります。
 

バドミントンスマッシュの打ち方のコツは2つ!「力の入れ方」と「打点」

スマッシュを打つために意識してほしいことは大きく2つあります。まず一つ目は「力の入れ方」です。全てのショットにも言えることですが、力はラケットがシャトルに触れる瞬間に入れるだけで十分なのです。

決め球にもなりますから、「スマッシュを力いっぱい打ちたい」と考えている人は少なくありません。それゆえ、打つと決めた瞬間からギュウッと力を入れていやしませんか?そうすると無駄な力が増え、ラケットを振るスピード(ラケットスピード)が遅くなってしまいます。スマッシュのスピードとラケットスピードは比例しますから、当然力いっぱい降っても強力なスマッシュは打てないのです。

ですので、スマッシュを打つときは、打つ瞬間以外は緩く握り、打つ一瞬だけギュッと力を込めるようにしましょう。そうすると、ラケットスピードがあがり、スマッシュの打球スピードも上がるはずです。

スマッシュを打つために意識したいことの二つ目は「打点」です。打点とは、シャトルを打つ位置のことです。スマッシュは、打点を体の軸より前方にして打つことが条件です。クリアを打つときの打点は頭上が基本となりますが、スマッシュの場合はそれよりも前方に打点をおきます。そうすることで打つ時のラケットの面が前下方を向きますから、シャトルは相手のコートに向かって沈んで飛んでいくのです。

また反対に、体の軸より後方で打った場合は、どうしてもシャトルを打つ時のラケットの面が上を向いてしまいますから、打球は上に向かい、スマッシュにはならないのです。さらに、この打点はできるだけ高い位置の方が良いとされています。一般的にスマッシュは打球に角度がついている方が、相手に返球されにくいからです。相手がシャトルを返球する時の打点は低くした方が有利なのです。

ですから、できるだけ高い打点で、叩きつけるように相手の足元に打ち込むのがより良いスマッシュと言えます。そのためにも、次に紹介するジャンピングスマッシュを駆使できるようにしましょう!
 

速い!ジャンピングスマッシュに挑戦

ジャンピングスマッシュとは、その名の通り、ジャンプして打つスマッシュのことです。見た目も派手ですし、うまく決まれば相手から一撃でポイントを取れますから、習得しておくと強力な武器となります。

基本は前述した「スマッシュを打つ時に意識する2つのポイント」を守ります。加えて、ジャンプして空中で打つわけですから、空中で身体のバランスをとることに注意しなければいけません。身体の軸が曲がっているとシャトルにパワーが伝わりにくいからです。ジャンピングスマッシュを打つためのステップは4つです。
 
  1. 素早くシャトルの落下点より少し後方に移動して返球態勢に入る
  2. できるだけ高い打点で打てるタイミングで前方にジャンプ
  3. ジャンプしたら身体を弓のようなイメージで反る
  4. 身体を反った反動も活かして、ラケットを振り切る

ジャンプの仕方やタイミング、空中でのボディバランスなど、すぐには難しいジャンピングスマッシュですが、繰り返し挑戦することで、自分のタイミングはつかめてくるものです。恐れず挑戦しましょう。

ジャンプの上昇途中、最高到達点、下降途中などシャトルを打つタイミングを自分で打ちわけられるようになると、相手の準備タイミングも外すことができるようになります。そうするとジャンピングスマッシュの効果が何倍にもなるのです。練習中から、どの位置で打つか、意識しておくといいでしょう!

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。