上げ下げ窓(ダブルハング・ウインドウ)

上げ下げ窓またはダブルハング・ウインドウと呼ばれる窓

上げ下げ窓またはダブルハング・ウインドウと呼ばれる窓

輸入住宅らしい窓として代表的なのは、上げ下げ窓(ダブルハング・ウインドウ)ではないでしょうか。従来の日本の住宅で最も一般的な窓と言えば、引き違い窓。左右に開閉する引き違い窓に対して、上げ下げ窓(ダブルハング・ウインドウ)は上下に開閉します。

サッシ部分をそれぞれ上下させて風を取り入れますが、任意のところで停止させることが可能です。上げ下げ窓に格子(ケーシング)を付けると、より輸入住宅らしさが高まります。これはオプションで追加できる窓が多いようです。

また、サッシ部分は室内側に倒れるようになっているので、ガラス面の拭き掃除は簡単です。網戸は外側に付きます。なお、下の窓だけ開閉できるタイプをシングルハング・ウインドウと言います。

滑り出し窓

縦滑り出しまたはケースメント・ウインドウと呼ばれる窓。

縦滑り出しまたはケースメント・ウインドウと呼ばれる窓。右に開くものと、左に開くものがある

もうひとつ代表的なものとしてあげられるのは滑り出し窓でしょう。滑り出し窓には、縦軸で回転して開閉する縦滑り出し窓(ケースメント・ウインドウ)と、横軸で回転する横滑り出し窓(突き出し窓またはオーニングとも呼ぶ)がありますが、どちらもハンドルを回して開閉します。複層ガラスになっている窓の重さもハンドル操作なら、比較的小さな力で開閉できると思います。

縦滑り出し窓(ケースメント・ウインドウ)は、右に開くか、左に開くかを選択できるので、窓の位置や使いやすさで選びましょう。窓が開く角度は約90度(横滑り出し窓は約40度)が最大で、好きな位置で固定したり、ロックすることが可能。上げ下げ窓同様に、室外側のガラス面に部屋の中から手が届くので、拭き掃除がしやすくなっています。網戸は内側に付きます。

輸入住宅の窓は性能が高く機能的

輸入住宅の窓には、なぜ、引き違い窓が少ないのでしょうか。デザイン面の理由もあるでしょうが、加えて、工法と窓の性能が関係しています。

輸入住宅の多くは、2×4工法など面で支える構造で建てられます。面で支えるということは、壁の面積が極端に少なくなると、構造的に弱くなってしまうことになります。だからこそ、むやみに開口部を設けるのは禁物。とはいえ、必要な通風採光は確保できます。引き違い窓より幅の小さな縦長の窓を上手に組み合わせながら、明るく開放的な家づくりが可能です。

また、上げ下げ窓や滑り出し窓など、輸入住宅の窓は気密性の高いことが特長です。これは、輸入住宅の多くが厳しい気候のもとで建築され、育まれてきたことと無縁ではないでしょう。

輸入住宅の窓のほとんどは、気密性が高く、ガラス部分が複層ガラスです。枠の部分は屋外の気温に影響されにくい仕様になっており、木製のほか、樹脂(室内側)とアルミ(屋外側)など異素材を組み合わせたものが一般的。このように、冬暖かく、夏涼しい家にするため、断熱性とともに、気密性も高い窓が採用されてきたのです。

次ページでは、窓と輸入住宅らしいデザインの関係について見ていきましょう。