大人の男こそスイムウエア選びにこだわるべき

30代以上の大人になると夏休みのバケーションでリゾートに行くことも多いですよね。とくに、お子さんのいるパパ世代は、子供や家族と一緒に海やプールに行く機会も増えてきます。そんな時にどうしても必要なのが「水着」。

でも、年を取るとどんな水着を穿くべきなのか迷っている男性も多いのではないでしょうか。ジムのプールで穿くようなモノや若かりし頃に穿いていたモノはちょっと違うし、ほどよく今の流行も取り入れたいし……などと考えると面倒くさくなっちゃいますよね。

そこで今回は、これだけおさえておけば大丈夫という今年のスイムウエア選びのポイントをお教えします。


1. 体型カバーできる「ヒザ出しのショーツタイプ」

最初のポイントはサーファーパンツとも言われるショーツタイプを選ぶことです。ショーツの丈は長すぎず、短すぎない、ちょうどヒザが出るくらい丈のものを選びましょう。

カジュアルなシーンで着る水着なので、競泳用などのプロ仕様のものはNG。シルエットは、すっきりとスマートに見えるややスリムなものがベターです。大きすぎるとダラしなく、小さすぎるとフィット感が気になります。ほどよく体型をカバーしつつ、お洒落感があるのがポイントです。

スイムウエア

スイムウエアの丈は、ちょうどヒザがでるくらい丈のものを。ほどよく体型をカバーしつつ、お洒落感のあることがポイントです。メンズスイムパンツ 参考商品/J.CREW 


>>>今年の水着のトレンド柄は次のページヘ