子ども部屋に「画面」を置いてはいけない

映像メディア

子ども部屋には、テレビやゲーム機、スマートフォンを置かないでください

アメリカの小児科学会が、子ども部屋にスマートフォンやテレビなどがあると、睡眠時間が短くなると警告しています。この研究では、4~7年生の約2千人を対象として、就寝時刻や起床時刻、眠気と、寝室に「画面」があることの関係を調べました。

寝室にスマートフォンやテレビがある子どもは、そうでない子どもと比べて、平日の睡眠時間が短くなります。また、スマートフォンを近くに置いて眠る子どもは、そうでない子どもと比べて、睡眠不足を訴えやすい傾向がありました。さらに、テレビやDVDの視聴、ゲーム機の使用も、平日の睡眠不足や眠気と関連していました。

テレビやパソコン、モバイル末端、スマートフォン、ゲーム機などのいわゆる「情報メディア」の画面を見ていると、光の刺激によって脳が興奮します。さらに、画面から出る青い光(ブルーライト)は、睡眠ホルモンのメラトニンを減らしてしまいます。そのため夜にこれらの画面を見ると、眠気が減って寝つきが悪くなり、眠ってからも睡眠の質が悪くなります。

良い睡眠をとるためには、子ども部屋に画面のあるメディアを置かないようにしましょう。それが無理なら、少なくとも眠るまでの1時間はこれらの画面を見ないように、子どもと約束してください。

【参照サイト】
「寝室でのスマフォ」に警笛【米国小児科学会】

短時間睡眠のほうが体力がある

睡眠時間と体力の関係

なぜこうなるかは、不明です

睡眠不足だと、体がだるくて体力も落ちたような気がします。ところが、睡眠時間と体力の関係を見ると、長時間睡眠の人よりも短時間睡眠の人のほうが、パフォーマンスが高いことがあるようです。

文部科学省の平成25年度「体力・運動能力調査」のデータを分析して、睡眠時間と体力の関係を見た記事がネットで公開されています。

これによると、睡眠時間が6時間未満の人は、8時間以上眠っている人と比べて、「50メートル走」が1.5秒早く、「ボール投げ」は4メートル以上も遠くへ投げられ、「上体起こし」は3.6回も多くできます。「握力」でも睡眠時間が8時間以上の人は18キログラムしかありませんが、6時間以下しか眠らない人は34キログラムもあります。

このほか、「前屈」や「反復横跳び」、「20メートルシャトルラン」、「開眼片足立ち」でも短時間睡眠の人のほうが、良い成績を残しています。一方、「10メートル障害物歩行」や「持久走」、「6分間歩行」では、睡眠時間の長短による差ありませんでした。

【参照サイト】
【体力テスト結果で判明】8時間睡眠より「寝不足」の方がチカラは出る!?
平成25年度 体力・運動能力調査

子どもは安眠、親は安心できるベッド

スマートベッド

寝具もどんどん進化しています

米・ラスベガスで行われた世界最大の家電見本市「CES」に、「SleepIQ Kids」という子ども用スマートベッドが出品されました。そしてこのベッド「SleepIQ Kids」は、睡眠カテゴリの部門賞を受賞しました。

『SleepIQ Kids』は、マット内に内蔵されたセンサーが子どもの動きや呼吸状態、心拍をモニターします。朝になって起き出すと、100点満点の「睡眠IQ」が表示されます。「睡眠IQ」で高い点数をとるためには、生活習慣を見直す必要があります。そのためきっと、生活習慣の改善の動機づけに有効でしょう。

『SleepIQ Kids』は、子どもだけでなく親にも利点があります。パソコンやスマートフォンのアプリを使えば、離れた場所でも子どもの睡眠状態をモニターしたり、ベッド周りの照明を操作したりできます。夜の外出の際などは、安心できますね。

これからの子どもは、睡眠に関するいろいろなことを学んで、睡眠IQが高くなるのでしょうね。

【参照サイト】
100点満点を目指せ!「睡眠IQ」で子供と共に学べるスマートベッド




【編集部おすすめの購入サイト】

楽天市場で睡眠用品を見る

Amazonで睡眠グッズを見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項