2014年1月、ケラ&ザ・シンセサイザーズの新作『BROKEN FLOWERS』は、レコーディングの過程で、ザ・シンセサイザーズ結成以来の朋友、三浦俊一さんが突然の脱退を発表。暗礁に乗り上げたと思いきや、杉山圭一さんの加入、そして8人のゲスト・ギタリストを迎えて2015年6月に発表となりました。今や、演劇の世界での知名度も高いKERAさんに、発表までの経緯とその想いを話していただきました。

なおこの取材は、現地に行けない四方(ガイド)に代わって、音楽ライターの小暮秀夫さんにやって頂きました。ありがとうございました。

BROKEN FLOWERS (amazon.co.jp)
brokenflowers

BROKEN FLOWERS

synthsizers

ケラ&ザ・シンセサイザーズ (左から: RIU、Reiko、KERA、杉山圭一)


意図して何年か先をガツンと開けておくしかない

ガイド:
今回、ケラ&ザ・シンセサイザーズ、有頂天の新作が同時発売となり、この後にはNo Lie-Senseの新作やKERAさんのソロなどがまだ控えています。これだけ制作が集中したのは、意図的なものですか?

KERA:
半分は偶然なんですけど、半分は意図的に舞台のスケジュールを入れなかったんです。今年の3月に「三人姉妹」を大阪で閉幕して、そこから8月1日まで演劇も映像の仕事も入ってない。半年も舞台をやらないのは、おそらく90年代以来です。自分で会社をやってた時は、(演劇の仕事を入れないと)社員食わせられなくなっちゃう切実な経済事情があって、半年間音楽に没頭するなんてことはできなかった。

逆に言えば、本当にくやしい話なんですけど、今の自分の置かれてる状況ってのは、ミュージシャンとしての活動に人が以前ほど耳を傾けてもらえなくなってる。当然お金にもならない。だから事務所も演劇の仕事を沢山入れることになる。そうすると演劇のお客さんが増える。で、音楽はその隙間にやるようになっていく。むつかしいところです。加えて、演劇は日程が決まるのが早い。今、もう2019年の仕事を決めてますから。そうすると、意図して何年か先をガツンと開けておくしか、音楽に時間を割く方法はないんですよ。音楽活動のほうを先に決めろと言われても、業界のルールがありますから。

No Lie-Senseは2013年11月に1stアルバム『First Suicide Note』を出した直後から2ndアルバムのレコーディングをしてましたし、その2ヶ月後、2014年の年明けぐらいからシンセサイザーズも作り始めていたんです。さっき「半分は偶然」と言ったのは、もっと早くこの2枚はリリースされる予定だったからです。ところが、(三浦俊一の突然の脱退によって)シンセサイザーズのレコーディングが中断された。こりゃマジで半年ぐらいスケジュールを空けて(音楽活動を集中して)やらないとお蔵入りだぞと考えた。大英断でした。