Acer(エイサー)のデスクトップパソコン
Aspire/Gateway/eMachines

Aspire、Gateway、eMachinesは、いずれもAcer(エイサー)のブランドです。Gateway(ゲートウェイ)は中堅以上の性能重視のユーザー向け。これに対して、eMachines(イーマシーンズ)は低価格志向者に最適です。Aspire(アスパイア)は、スタイリッシュな機体デザインをもち、ヨーロッパを中心に人気を持っています。

Aspireは、標準的なM、Xの両シリーズに加え、ネットトップのRevo、ゲームユーザー向けのPredatorがあります。

外資系には珍しく、Acerは直販よりも店頭販売を重視しており、店頭で見かけることが多くなっています。ぜひ一度は体験してみたいモデル群です。


【ガイドおすすめ機種】
・Aspire Predator AG5900
ゲーマー向けのモデルで、CPU、グラフィックスとも高性能なものを採用しています。マット仕上げのボディに、オレンジの溝がハイウェイ状に走る溝が特徴的なデザインです。高性能とデザインの良さに比して、価格は10万円台なかばとコストパフォーマンスは絶妙。「持っていることを自慢できる」パソコンです。

>>Aspire Predator AG5900 AG5900-N74F/G(価格.com商品ページへ)

 
【関連サイト】
・Acer AG5900
・Acer デスクトップパソコン



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。