ニューヨーク近郊の観光スポット3 キャッスル・オン・ザ・ハドソン

まさにお城そのものな迫力の外観

威厳のあるクラシックなお城の外観

マンハッタンから列車で北上すること30分ほどの、緑豊かなエリアがハドソン・ヴァレー。新緑の季節や紅葉狩りにはぴったりの場所です。タリータウンにある古城のオーベルジュ「キャッスル・オン・ザ・ハドソン」は、美食レストランと豪華なしつらえのゲストルームが貴族のように過ごさせてくれるとあって、大人気。人とは違うニューヨーク滞在を求めるなら、ここがぴったりです。

<DATA>
Castle on the Hudson
住所: 400 Benedict Avenue Tarrytown, NY 10591
TEL: 914-631-1980
アクセス: グランドセントラル駅よりMetro North鉄道で30分。「Tarrytown」駅からはタクシーやカーサービスで5分
客室料: 225~1100ドル ※季節により料金は変動

 

ニューヨーク近郊の観光スポット4
ブルーヒル・アット・ストーンバーンズ

食の大切さを教えてくれる珠玉の1軒

食の大切さを教えてくれる珠玉の1軒

グルメピープルの間ではかなり有名なファーム(農場)レストラン。郊外にあるにもかかわらず、常に予約が取れないことでも知られています。広大な農場と畑を擁し、全ての料理の食材がここで採れたもの。素材への自信が如実に表れたフレッシュな料理が自慢です。農場などを散策してから絶品ディナーをいただくと、意識の高さに感服するはず。なお、ここはファインダイニングなので、ドレスコードがあります。ジャケットをお忘れなく。

<DATA>
Blue Hill at Stone Barns
住所: 630 Bedford Rd., Pocantico Hills, NY 10591
TEL: 914-366-9606
アクセス: グランドセントラル駅よりMetro North鉄道で30分。「Tarrytown」駅からタクシーやカーサービスで5分
営業時間: 17:00~22:00(金・土~23:00)、11:30~14:00(日)、月火休
※ドレスコードあり

 

ニューヨーク近郊の観光スポット5 ディア・ビーコン

ぐるりと緑に囲まれた美術館

ぐるりと緑に囲まれた美術館

コンテンポラリーアートファンならMoMAなどに加えて必ず訪れたい美術館。緑の中、静けさに包まれた環境でアートを愛でるなんて、とても贅沢じゃありませんか? リチャード・セラやソル・ル・ウィットなど著名な作家の大掛かりな作品を観ることができます。館内のカフェもアーティスティックな雰囲気で絵になります。列車メトロノースで40分ほどなので、ちょうどいい小旅行になりますよ。

<DATA>
Dia: Beacon
住所: 3 Beekman Street., Beacon, NY 12508-2521
TEL: 845-440-0100
アクセス: グランドセントラル駅からMetro North鉄道で30分、Beacon駅下車すぐ
営業時間: 11:00~18:00(木~月)、火・水休 ※季節によって時間が異なるので要確認
入館料: 大人10ドル

 

ニューヨーク近郊の観光スポット6 シックスフラッグス

腰が引けてしまいそうな乗り物も・・・・・・

腰が引けてしまいそうな乗り物も……

絶叫マシーンのあるテーマパークといえば西海岸というイメージですが、実はニューヨーク近郊、ニュージャージー州にもあるんです! シックスフラッグスは全米で21もの遊園地を擁する、世界最大のテーマパーク会社。ニューヨークではレイク・ジョージ地方にあります。ここの醍醐味は、何といっても絶叫マシン。ウォーターパークやサファリ動物園など小さな子供連れでもOKなアトラクションもあるでので、一度アメリカのテーマパークを体験してみてはいかがでしょうか? マンハッタンからは、ポートオーソリティ・パス・ターミナルからニュージャージー・トランジットのパスに乗って2時間ほど。

<DATA>
Six Flags / The Great Adventure
住所: 1 Six Flags Blvard, Jackson, NJ 08527
TEL: 732-928-1821
アクセス: Port Authority Bus TerminalからNJ Transit139番バス139 Lakewood行きに乗り、Freehold Center下車。307番バスに乗り換えて終点のGreat Adventure Parkで下車。運賃は大人17.65ドル
入場料: 一般49.99ドル※ウォーターパーク、サファリ、それぞれのパークで入場料が異なる
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。