ハワイに就航しているエアラインは?

日本からハワイへの便数No.1の日本航空とNo.2のハワイアン航空

日本からハワイへの便数No.1の日本航空とNo.2のハワイアン航空

2017年6月現在、日本からハワイへ就航している航空会社と、各社ハワイ便の特徴をご紹介します。航空券選びの参考にどうぞ!

ついにLCCがホノルル線参戦! エアアジアX(D7)

LCC参入でハワイ旅行がグッ身近に

LCC参入でハワイ旅行がグッ身近に

マレーシアを拠点とするエアアジアXが日本~ハワイ路線初のLCCとして、2017年6月28日に関西国際空港~ホノルル線を開設。クアラルンプール~関西~ホノルルのルートで月・水・金・土曜の週4便運航します。

閑散期ならエコノミー往復4万円以下(税・手数料込)という格安運賃。ただし、基本的に座席指定やスーツケース等の受託手荷物、機内食&ドリンクは有料。機内エンターテインメントは、タブレット端末を有料レンタルして視聴。毛布も有料レンタルとなります。 これらのサービスを利用する場合は、航空運賃に利用料をプラスした合計と、ほかの航空会社の運賃を比較してみて。

フルフラットシートのビジネスクラスもあり、閑散期の往復で14万ほど。こちらには、機内食等基本のサービスが含まれています。

公式サイト>>>エアアジアX

日本航空(JL)

老舗洋食店、資生堂パーラー監修のエコノミー機内食。資生堂パーラーで人気のチーズケーキがパイナップルフレーバーに

老舗洋食店、資生堂パーラー監修のエコノミー機内食。資生堂パーラーで人気のチーズケーキがパイナップルフレーバーに

成田からのホノルル線が1日4便(夏休みシーズンは5便)、関西と中部からは1日1便ずつ運航。ホノルルからの復路は、関西、中部が昼過ぎの出発。成田の3便も午後出発ということで、帰国日も余裕をもって過ごすことができます。2017年9月15日には成田~ハワイ島コナ線も開設予定。

成田便の一部を除き、新・間隔エコノミー「JAL SKY WIDER」を搭載した機材を使用しています。シートピッチの拡大と座席のスリム化により、従来のエコノミークラスより足元が広くなったほか、USB接続端子完備で携帯電話の充電も可能になりました。

「JALわくわくアロハ計画」体験プログラムのひとつ、モーニングフラ

「JALわくわくアロハ計画」体験プログラムのひとつ、モーニングフラ

日本航空の最大の特徴は、ハワイアンカルチャーなどが無料体験できる「JALわくわくアロハ計画」や、ホテル、レストラン、ショップ、アクティビティで特典が受けられる「JALOALOカード」など乗客向けの現地プログラムが充実していること。JALOALOカードには、JALパック専用トロリー「レインボートロリー」(ワイキキ~アラモアナセンター間)乗車の特典もあります。

公式サイト>>>日本航空

全日本空輸(NH)

成田~ホノルル線を1日2便、羽田~ホノルル線を1日1便運航。往路は成田、復路は羽田といった組み合わせが可能です。2017年の夏ダイヤより、両路線に最新鋭のボーイング787-9を導入。エコノミークラスのシートピッチは、日本航空の新・間隔エコノミーと同じで、USB接続端子も完備。往路の機内食にハワイアンメ二ューを取り入れ、機内からハワイ気分を盛り上げます。

ユナイテッド航空、ハワイアン航空とコードシェア、そしてマイレージプログラムを提携。ANAマイレージクラブ会員は、マイルの積算や特典航空券の利用が可能です(ハワイアン航空はハワイ諸島便のみ)。

公式サイト>>>全日本空輸

ユナイテッド航空(UA)

成田~ホノルル線を1日1便運航。成田出発が19時近く、復路のホノルル出発も10時台と早めですが、マイルが貯めやすく、全日空の国内線が特典利用できるなど、使いやすいマイレージプログラムが人気です。ビジネスクラスのディスカウント航空券販売など正規割引航空券対象のキャンペーンを実施することもあるので、サイトは要チェック。

公式サイト>>>ユナイテッド航空

デルタ航空(DL)

お菓子もついていろいろ楽しいキッズミール

お菓子もついていろいろ楽しいキッズミール

成田~ホノルル線を1日2便。関西、中部、福岡から1日1便運航。年末年始やゴールデンウィーク等のピーク期に羽田発、成田発のチケットが取れなかったり高額な場合には、デルタ航空の関西、中部乗り継ぎチケットなら取れる可能性があるので、こちらもチェックを。

「デルタ・ワン」ならフルフラットベッドとウェスティンホテルが開発した寝具でリラックスしてハワイへ

「デルタ・ワン」ならフルフラットベッドとウェスティンホテルが開発した寝具でリラックスしてハワイへ

ハワイリピーターには、ビジネスクラス「デルタ・ワン」が人気です。日系のビジネスクラスよりもリーズナブルでサービスも良く、180度水平になるフラットベッドや「TUMI」ブランドのアメニティも充実しています。

公式サイト>>>デルタ航空

ハワイアン航空(HA)

2017年6月現在、日本からハワイへの直行便を週35便運航

2017年6月現在、日本からハワイへの直行便を週35便運航

2016年12月に羽田~ハワイ島コナ線を就航。水・金・日曜の週3便で、仕事帰りでも間に合う23時55分発の深夜発、最終日もゆっくり過ごせるコナ17時05分発のスケジュールです。コナ便のない月・火・木・土曜にはホノルル便を運航し、こちらも羽田深夜発、ホノルル夕方発のスケジュール。さらに毎日運航している21時30分発のホノルル便もあります。

機内にはハワイアンミュージックが流れ、アロハシャツ姿のCAがお出迎え。日本出発時からハワイ気分を盛り上げます

機内にはハワイアンミュージックが流れ、アロハシャツ姿のCAがお出迎え。日本出発時からハワイ気分を盛り上げます

ホノルル線は、ほかに成田、関西、新千歳から1日1便運航。往路は仕事帰りに羽田発、復路は早めに帰国したいから成田着……など空港の組み合わせもOK。全日空とのコードシェア、マイレージプログラムの提携で、ハワイアンマイル会員は、全日空が運航するコードシェア便でマイルを貯めたり、特典利用が可能です。

公式サイト>>>ハワイアン航空

チャイナエアライン(CI)

激安の格安航空券で利用されるチャイナエアラインは、成田発の1日1便を運航。ピーク期には、ビジネスクラスの格安航空券と日系航空会社のエコノミー正規割引航空券との料金にあまり差がないため、シートが広くて快適なチャイナエアのビジネスクラスを選ぶリピーターも。

公式サイト>>>チャイナエアライン

大韓航空(KE)

成田~ホノルル線を1日1便運航。21時20分発という遅めの出発で、仕事帰りの利用も可能です。格安で知られる大韓航空ですが、米系の航空会社に比べて日本語が通じやすい、サービスが良い、機内食も美味しいなど、コストパフォーマンスが高いことでリピーターに人気。日系航空会社のマイレージプログラムとの提携はありませんが、デルタ航空、ハワイアン航空、チャイナエアラインと提携。

公式サイト>>>大韓航空
保存
保存
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。