城壁で囲まれた小島に築かれた世界遺産の古都 トロギール

トロギール

街の周囲が城壁で囲まれた世界遺産の町「トロギール」  (C)Croatian national tourist board. Author : Boris Kragic


スプリット近郊に位置する、世界遺産の古都トロギール。小島の上に建っている町は周囲をぐるっと城壁で囲まれおり、島と本土は短い石橋で繋がっています。中世に入ってから、ローマ時代の街の上に築かれた街は、小さな島全体が中世から時を止めてしまったかのよう。ロマネスク様式、ルネッサンス様式、バロック様式など、様々な様式の建物がひしめいています。

地図を持たずに歩きたい旧市街

トロギール

石畳の路地を心の赴くままに散策してみよう


トロギール旧市街は、ゆっくり観光しても2時間もあればじゅうぶん見所を回りきれる小さな町ですが、宮殿や要塞、教会などたくさんの歴史的建築物があり、見所満載です。

トロギール鐘楼

町のシンボル、聖ロブロ大聖堂の鐘楼

町一番の見所といえば、旧市街の中心、イヴァナ・パヴラ広場にそびえる聖ロヴロ大聖堂。13世紀~15世紀にかけて建てられたもので、鐘楼をはじめ内部に至るまで、さまざまな時代の建築様式が組み合わさっているのが特徴的です。また、アダムとイヴの像が両端に彫られている重厚で美しい大聖堂の入り口の門は、クロアチアを代表するロマネスク美術の傑作と称えられています。

町の南西の端に位置するカメレンゴの砦は隠れた眺望スポット。砦からは碧く輝く海はもちろん、トロギールの町を見下ろすことができます。

トロギール観光の醍醐味は街歩き。とても小さな街なので迷いようがないので、地図がなくても大丈夫です。気の向くままに散策をしてみてください。迷路のように入り組んだ細い路地で絵を描いているおじさんや、のんびりくつろぐネコたちに出会えることでしょう。

>>>次のページではトロギールへのアクセスの仕方をお伝えします