手元に、水分補給に関する詳細な資料が揃っています。以前、熱中症予防指導員の方にインタビューをしたことがあり、水分補給について詳しくご指導いただきました。そのときの資料と内容をもとに、熱中症にならないための水分補給についてお伝えします。
水分補給に関する資料より

水分補給に関する資料より

体内の水分量はどれぐらい?

つくばウェルネスリサーチ作成の水分補給と健康に関する資料「カラダと水分」によると、私たちの体は成人男性で体重の約60%、子どもで約70%、新生児で約80%が水分でできています。体重70キロの成人男性なら約42キロもの水分を体内に蓄えているということ。そのうち、一日に体から失われる水分は、約2.5キロです。私たちは、失った水分を食事や飲料を補給することにより補っています。


汗をかくメカニズム

人は暑さから体を守るために、汗をかくことで体温調整を行っています。汗をかくと、その気化熱で肌の表面温度が下がります。体は、運動や気温の高い環境で上昇した体温を下げるために汗で調整しているのです。汗の中には、水分だけでなくナトリウムなどのイオンも含まれています。だから、水分補給にはナトリウムも必要です。水分やイオンが大量に失われたり、体内の水分のバランスが崩れると、熱中症の危険性が高まります。

汗をかくと、のどが渇きます。水分補給として水やお茶を飲むと、体内の水分は増えますが、塩分などの失われたイオンは補給されないので、体液が薄まります。体液が薄くなると、体がそれ以上の体液濃度低下を防ぐために、のどの渇きを止めて水分を補給しなくなり、また余分な水分を尿として排泄してしまいます。このような状態を「自発的脱水」といいます。体内の水分は足りない状態のままとなってしまうのです。


水分補給にスポーツ飲料をおすすめする理由

自発的脱水を防ぐために推奨されているのが、スポーツドリンク。多くのスポーツ団体が水分補給のガイドラインを定めています。その中には、水分とナトリウム、そして糖質の接種目安量が記載されています。水分とナトリウムに加えて糖分を含むと、体内で水分をより早く吸収することができるのだそうです。そして、糖分の中でも、ブドウ糖と果糖の2種類を含んだほうが、より体内の吸収を促進するという調査結果があるそうです。スポーツドリンクの先駆的存在、ポカリスウェットは様々なフェスのオフィシャルドリンクにもなっていますが、照りつける日差しの中、運動量の多いフェスでの水分補給に最適です。

ちなみに、人間の水分と汗について詳しい調査をしている大塚製薬の資料によると、体内の水分量が減ったとき、人の活動クオリティは大きく低下するそうです。例えば初期体重のたった3%の脱水で、運動能力が30%下がったという調査結果もあるのだとか。
スイートラブシャワー

日陰の少ない夏フェス会場では熱中症に要注意


暑い夏フェスの会場で、元気にフェスを楽しみたいという方は、アルコールはほどほどにして、こまめな水分補給でナトリウムなどのイオンと適度な糖質をあわせて摂取することを心がけましょう。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。