筋トレと有酸素運動、即効性で選ぶなら…?

お腹周り

ダイエットには即効性も求めたい

お腹周りについた脂肪が気になり始め、ダイエットをしようとする場合、あなたは筋トレと有酸素運動のどちらを選びますか?

「筋トレは消費カロリーが少ないからダイエット効果が薄い」とう理由で、有酸素運動を選ぶ方も多いかもしれません。 しかし、実は「体が締まってきた」という変化をより確実に、より短時間で得られるのは、筋トレなのです。

今回は、有酸素運動より筋トレの方が、すぐにダイエットの効果が出やすい理由について解説していきましょう。


「運動した分だけ」エネルギーを消費できる有酸素運動

ジョギングや水泳など、ダイエットの定番となっている有酸素運動には、運動した分だけ確実にエネルギーが消費されるというメリットがあります。
しかし、摂取したエネルギーを有酸素運動だけで消費するためには、かなりの時間と労力を要しますし、当然、運動をしていない時には、余分なエネルギーが消費されることはありません。


筋トレで筋肉が増えれば、基礎代謝が上がる!

効果的なダイエット法はどっち?

筋トレで基礎代謝をアップ!

一方の筋トレは、有酸素運動に比べて実践時の瞬間的なエネルギー消費は少ないのは事実。しかし、そこのみで考えるのは、ナンセンスだということをまずは覚えておいて下さい。

私たちの体は、じっとしている間も生命を維持するために、常にエネルギーを消費しており、これを“基礎代謝”と呼んでいます。
筋肉は、脂肪と比較して消費エネルギーが多いため、筋トレで筋肉量が増えると、おのずとこの基礎代謝がグンとアップするのです。

一説によると、筋肉が1キロ増えると、一日で代謝量が50kcal増えるという話もあるほどです。そして、眠っている間も、じっとしている時も摂取したエネルギーがどんどん燃やされる体になっていくわけです。

一日あたりではたいしたことのない数字ですが、これが1年365日になると単純計算でも約18,000kcalにもなるのです。これは実に脂肪2キロ以上のエネルギーに相当します。


筋トレこそ、やせやすい体をつくる近道

つまり、正しい筋トレは、体を引き締めるという即効性だけでなく、“やせやすい体をつくる”という長期的に見て非常に素晴らしい効果が期待できるということになります。

続いて、筋トレの意外なメリットについて解説してきましょう。
次のページで詳しくお伝えします。