ここ数年ダイアリー市場で活気があるマンスリーフォーマット。以前は女性向けのものばかりだったが、スマホのサブダイアリーというポジションを獲得して以来、男性向けをはじめ、工夫を凝らしたものが色々と出てきている。

今回紹介するものは、そうしたマンスリータイプの中でも、ひときわユニークだ。

ナカバヤシundefined3ヶ月ダイアリー

ナカバヤシ 3ヶ月ダイアリー 850円+Tax



3ヶ月を一度にチェック


ナカバヤシundefined3ヶ月ダイアリー

A5サイズ


サイズは、A5。表紙を開くと、1ページに1ヶ月分のカレンダーがあるというフォーマット。つまり、見開きで2ヶ月分だ。

ナカバヤシundefined3ヶ月ダイアリー

1ページに1ヶ月というフォーマット(月曜日はじまり)


その片側にはもう1ページ隠れていて、広げることができる。こうすると、3ヶ月分のマンスリーページが横に並んで、長期の予定チェックができるのだ。

ナカバヤシundefined3ヶ月ダイアリー

片側がさらに広がって3ヶ月が一望できる

ナカバヤシundefined3ヶ月ダイアリー

6週ある月は、ページ内に6週目を収めてくれているのがうれしい


ビジネスの世界では、1年を4つに分けた四半期で区切られることが多い。そのため、仕事を進めていく上でも、この3ヶ月を1つのかたまりとして捉えるとわかりやすくなる。そもそも、季節の四季もこの流れなので、馴染みやすい。

もちろん、これまでの通常のマンスリー手帳でもページをめくれば、2ヶ月、3ヶ月という長期のスケジュールチェックもできなくもない。しかし、ページをめくらずにひと目で3ヶ月を一望できるのにはかなわない。

3ヶ月という時間的空間の中で、今自分はどこにいるのかということが、こうして並べてチェックすることで明確に意識できるようになる。

カレンダーでは、こうしたタイプはあったが、手帳ではなかったように思う。

■関連リンク
ナカバヤシ 3ヶ月ダイアリー




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。