【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました
ふと周りを見れば、「ちょっとカワイイ女の子」はわりとたくさんいます。そんな「ちょいカワ女」は、それなりにオシャレでカワイイのにもかかわらず、なぜか彼氏がいない人が多いのはどうしてでしょうか? 出会った人が次から次へ恋に落ちる「モテ女」と、フツウよりちょっとカワイイのになぜかモテない「ちょいカワ女」の違いに迫ります。

会話の仕方に差がある

向き合って話す男女

「相手を意識した会話」をしていますか?

まず、「ちょいカワ女」の会話の仕方ですが、主語がなく、いまいち話が分かりにくい傾向があります。女性同士なら主語がなくても話が前後しても通じるのですが、男性は主語がなく筋道立ってない話を理解するのが苦手な人が多いものです。この女性と話すと疲れる、つまらないと思われてしまっては、残念ながらモテるどころか彼女候補にもなれませんよね。

また、「ちょいカワ女」は、他人が興味を持ちにくい個人の日記のようなとりとめのない日常をだらだらとオチもなく自分勝手に話す癖があります。男性は、よっぽど好きな女性の話であればどんな話でも熱心に耳を傾けるでしょうが、そうでない場合は苦痛に感じてしまうでしょう。

では、「モテ女」の会話の仕方はどうでしょうか。「モテ女」は、相手が初対面であったとしても、相手との共通項を探して一緒に盛り上がれる話をします。さらに、時事ネタや流行のお笑いネタなどを織り交ぜて話に緩急をつけたり、絶妙なタイミングで相槌を打ったり、サラッと相手をホメたりもします。

あくまでも自然に、自らも楽しみながら、このように話をすることで、楽しい時を共有しているのです。男性が「彼女と一緒にいると楽しい」と思えば、「もう一度、彼女に会いたい」と思うでしょうし、それを重ねていけば恋に落ちることも珍しくないでしょう。つまり、会話上手の女性には恋のチャンスがあふれているということです。

「モテ女」と「ちょいカワ女」の違いは、まだまだあります。次のページに続きます。