ヴェルニゲローデのお土産

wernigerode12

町のあちこちに魔女グッズがあふれるヴェルニゲローデ

「魔女の町」ヴェルニゲローデらしいお土産といえば、やはり魔女グッズ。手作りならではの味のある魔女人形をはじめ、魔女をデザインした雑貨や魔女のお祭りに欠かせないシュナップス(蒸留酒)など町のあちこちで様々な魔女グッズがあふれています。

baumkuchen

お土産に人気のバウムクーヘンも手に入ります。マルクト広場の市場にて

日本で人気のドイツ銘菓、バウムクーヘンもおすすめのお土産。バウムクーヘンはドイツでは意外と手に入らない特別なお菓子なのですが、ヴェルニゲローデには「バウムクーヘンハウス Nr. 1」という専門店があるのです。町のはずれにある工場併設の本店のほかマルクト広場の市場でも入手可能。このほか前述の「カフェ・ウィーン」では、バウムクーヘン発祥の地・ザルツヴェーデルのバウムクーヘンも購入できます。

関連記事>>>バウムクーヘン発祥の町!ドイツのザルツヴェーデル

Baumkuchenhaus Nr. 1
住所:Neustadter Ring 17  38855 Wernigerode
TEL:03943-632726
営業時間:月~土10:00~18:00日祝日12:00~18:00
アクセス:ヴェルニゲローデ駅前から4番バスでBaumkuchenhausNR.1下車

ヴェルニゲローデのおすすめホテル

wernigerode15

木組み家屋のロマンティックなホテルが人気。写真は「ゴーティシェス・ハウス」(左)

ヴェルニゲローデは人気の観光地ではありますが、町の中心にある宿泊施設は小規模ホテルやペンションが中心。連休や魔女のお祭り「ヴァルプルギスの夜」前後は特に混み合うので、旅のスケジュールが決まったら早めに予約しましょう。

旧市街で評判が高いのが、マルクト広場に建つ木組み家屋のロマンティックなホテル「ヴァイサーヒルシュ」や「ゴーティシェス・ハウス」。ぜひ市庁舎側の部屋をリクエストしましょう。

グループや家族旅行なら、町一番の大規模ホテル「HKKホテル」が便利。ここは日本人には嬉しいバスタブ付き。上階の部屋からはヴェルニゲローデ城が見えます。

<DATA>
Hotel Gothisches Haus
客室料金:90ユーロ~

Hotel Weisser Hirsch
客室料金:79ユーロ~

HKK Hotel
客室料金:82ユーロ~

取材協力:ドイツ観光局
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。