オススメのパブ・レストラン

9

Sinclairs Oyster Bar(シンクレアズ・オイスター・バー)の外観

マンチェスターのパブの中で知名度・実力ナンバーワンといってもいいパブがこちら、Sinclairs Oyster Bar(シンクレアズ・オイスター・バー)。マンチェスター大聖堂の真隣に位置しており、のパブの歴史はなんと1530年代に遡ります。身近に歴史を感じられるのが英国の良いところですが、それを地でいくパブ。その名が示す通り、元々はオイスター(牡蠣)が名物でした。この店にはこんな逸話が残っています。19世紀、当時は牡蠣の値段が非常に安かったそうで、毎日40個の牡蠣をこのパブで40年間食べ続けた常連の女性客がいたそうです。その結果ある日突然倒れて、病院に運ばれたのですが助かりませんでした。死因は真珠を喉に詰まらせたから。主治医はその真珠を盗んで行方をくらませたとか……。そんな話に思いを馳せながらパブで一杯やるのも一興だと思います。

<DATA>
■Sinclairs Oyster Bar(シンクレアズ・オイスター・バー)
住所:2 Cathedral Gates, Manchester M3 1SW,
営業時間:月~土 午前11:00~午後11:00、日 正午12:00~午後7:00


地元民しか知らない超穴場のレストラン

10

This&That(ディス&ダット)が佇む路地裏

さて、地元民しか知らない、そして、できれば観光客には知られたくない、とっておきの穴場を紹介します。何のへんてつもない、というより、汚くて怪しげで、できれば近寄りたくないような路地裏に佇む一軒のインド料理店「This&That」。存在すら分からない程ひっそりしています。ホームページ等がないので、営業時間は不明ですが、地元民によると、平日の昼にテイクアウト中心でオープンしている、との情報。食通のマンチェスターっ子のみが知り得る名店。平日の昼は、地元民で賑わい、街の反対側から毎日30分歩いてランチを買いにくる常連客もいるとか。ちなみに、ガイドが訪れた平日の夕方は残念ながら閉まっていました……。

<DATA>
■ This&That(ディス&ダット)
住所:3 Soap Street, Manchester M4 1EW, England


お洒落にガッツリいきたいならココ!

11

Hawksmoor(ホークスムーア)の外観

ステーキを始め肉料理が評判のロンドンの人気店、Hawksmoor(ホークスムーア)が近年、マンチェスターにオープンした支店。レストランのオープンラッシュで食に敏感になっているマンチェスターっ子の人気をいち早く集め、平日でも予約を入れないと入れない程の人気店になっています。広々とした店内は開放的で、いい具合にカジュアル。店員さんの感じも良く、おすすめです。ステーキとカクテルが評判なので、是非お試しあれ。
12

ガイドが食べたバーガー。ボリューム満点で美味しかったです


<DATA>
Hawksmoor(ホークスムーア)
住所:184 – 186 DEANSGATE, MANCHESTER M3 3WB
電話番号:0161 836 6980
営業時間:【ランチ】月~土 正午~午後3:00、【ディナー】月~木 午後5:00~午後10:00、金~土 午後5:00~午後10:30、日 正午~午後9:30
※バースペース 月~木 正午~深夜0:00(入店は午後11時まで)、金~土 正午~深夜0:30(入店は深夜0時まで)、日 正午~午後10:30(入店は午後10時まで)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。