マンチェスターの街を散策しよう

4

コンパクトな街は歩いて観光するのにちょうどよい大きさです


マンチェスターの中心部はコンパクトにまとまっているため、徒歩でも十分観光可能です。さらに、「Metroshuttle(メトロシャトル)」と呼ばれる無料バスが3つのルートで市内を走っているので、主要駅、ショッピングエリア、博物館・美術館などの主要観光地などの行き来が便利。ビジターセンターやホテルなどで、街の地図や観光情報を入手して、街に繰り出しましょう。

<DATA>
Visitor Centre(ビジター・センター)
住所:Mercure Hotel Foyer, Portland Street, Manchester, M1 4PH
営業時間:月~土 午前9.30~午後5.00、日 午前10.30~午後4.30


おすすめの観光アトラクション

5

ユーモア溢れる案内ツアーは街を知るのにおすすめ

まんべんなく街を網羅したい、という方におすすめなのは、何といってもウォーキング・ツアーです。英国ではどこの都市でも、ウォーキング・ツアーというのは人気の観光アトラクションです。理由は以下の通り。

1.リーズナブルなお値段
2.比較的短時間
3.その道のプロがガイド
4.要所を案内してもらえる

しかも、単なる案内ではなくて、案内人の方は皆エンターテイナーで、楽しい時間を過ごせることが請け合いだからです。ガイドが参加したウォーキングツアーの案内人ジョナサン氏は、生まれも育ちもマンチェスターの生粋の地元民。街への愛着が伝わってくるツアーでした。約90分のウォーキングツアーは、情報満載、ユーモアも満載です。

<DATA>
ジョナサン・スコフィールド氏の案内ツアー・ホームページ
氏は、最近、マンチェスターの街にまつわる書籍も出版したほどの博識。一般的な街ツアーから、ゴーストツアー、フットボールツアーなどのテーマ特化型、完全カスタマイズなど、様々なバリエーションがあります。このウェブサイトから予約可能。

マンチェスター・案内ツアー
案内資格を有した案内人によるツアー開催情報が網羅されています。このウェブサイトから予約可能。例えば、一般的な街案内のウォーキングツアーの場合、毎日開催で、午前11時~午後12時半。参加費は£8。


最新カルチャーの発信地はココ 

6

ヴィンテージレコード店や地ビール店などユニークな店が建ち並ぶ


最新の文化や個人経営のお洒落なカフェ、パブ、レストランなどに興味がある方におすすめなのが、Northern Quarter(ノーザン・クォーター)とよばれる地区。90年代に若者文化の発信地として発展し、今も、独特の風情のあるインディペンデントなお店がたくさん並んでいます。
7

Night & Day Caf?(ナイト・アンド・デイ・カフェ)の外観

Night & Day Café(ナイト・アンド・デイ・カフェ)は、91年にオープンしたライブハウス・レストラン。ビッグネームを輩出し続けている伝説的場所です。例を挙げると、アークティック・モンキーズのアレックス・ターナー、Elbow(エルボー)のガイ・ガーベイ、英を代表するギタリスト、ジョニー・マーなどの超ビッグネームも駆け出しの頃、まさにこの場所でプレイしていました。
8

Afflecks (アフレックス)の外観

Afflecks (アフレックス)は、マンチェスター・インディーズ・シーンの象徴のような建物です。建物自体は1860年代のものですが、80年代から独立系の洋服店などがテナントとして入るようになり、今では、数十を数える独立系ショップ(レコードショップ、帽子屋からタトゥー・パーラーまで)がビルの中で所狭しと営業中。週末になると流行に敏感な若者で溢れかえります。お洒落でカティングエッジな雰囲気を味わいたければここは絶対外せません。

<DATA>
Night & Day Café(ナイト・アンド・デイ・カフェ)
営業時間:午前11:00~深夜0:00(不定休)
※ライブなどにより変動する可能性もあります
住所: 26 Oldham St, Manchester, M1 1JN
メール:jennifer@nightnday.org
電話:0161 236 1822


Afflecks (アフレックス)
住所:52 Church Street, Northern Quarter, Manchester, M4 1PW
営業時間:月~金 午前10.30~午後6:00、土 午前10:00~午後6:00、日・祝 午前11:00~午後5:00
※各店舗ごとに異なる場合もあります