試験の出題範囲

日本中国語検定協会は、3級について以下のように定義しています。
自力で応用力を養いうる能力の保証(一般的事項のマスター)
基本的な文章を読み,書くことができること。
簡単な日常会話ができること。
(学習時間200~300時間。一般大学の第二外国語における第二年度履修程度。)
単語の意味,漢字のピンイン(表音ローマ字)への表記がえ,ピンインの漢字への表記がえ,常用語1,000~2,000による中国語複文の日本語訳と日本語の中国語訳。
中国語で日常生活を送る際に必要な、最も基本的な事項について出題されます。
以下で、特に注意が必要な問題について見ていきます。
中国語検定

着実に歩みを進めましょう!


声調の組み合わせ問題とピンイン問題

始めに提示される単語の声調と同じ声調を持つ単語を、選択肢の中から選ぶ問題です。早速、以下の問題を考えてみてください。

・快乐
1、紧张
2、美好
3、辛苦
4、幸运


いかがですか?まず見出しの「快乐」は、「kuai4 le4」というピンイン表記で第四声と第四声の組み合わせです。したがって、4つの選択肢を見て同じ組み合わせを考えればよいのです。つまり答えは、4ですね。

このように、声調の組み合わせ問題については、単語を知らない場合解くことが難しくなってきます。もしも、知っている単語が選択肢にある場合は、消去法で考えることができるかもしれません。

次に、単語のピンインを選択肢の中から選ぶ問題があります。こちらも組み合わせ問題と同じく、知らない場合は解けないと思ってしまいがちですが、落ち着いて解決方法を探しましょう。まずは以下の問題をご覧ください(ここでは、ピンインはアルファベットの後に1~4の数字を付して声調を表記しています)。

・自然
1、ci4 ran2
2、ci4 zan2 
3、zi4 zan2  
4、zi4 ran2


この問題は、声調の組み合わせは四声と二声の組み合わせで成り立っており、違いはありません。そして、よく見てみると「ci4」と「zi4」、「zan2」と「ran2」という音節を組み合わせて構成されています。ですから、「自」か「然」、どちらかの読み方を知っていれば4つの選択肢を半分に絞ることが可能です。ちなみに、正解は4、「zi4 ran2」です。

どちらの問題も、その単語を知っているかどうかにかかってきますが、あきらめずに最後まで考えることも、また重要です。

次のページでは、空欄補充問題と単語についてみていきます!