ヴュルツブルクのレジデンツ

レジデンツはヴュルツブルク観光の目玉のひとつ ©Romantische Strasse Touristik-Arbeitsgemeinschaft GbR

レジデンツはヴュルツブルク観光の目玉のひとつ ©Romantische Strasse Touristik-Arbeitsgemeinschaft GbR

1982年に世界遺産に登録されたヴュルツブルクのレジデンツ(領主の館)は、ヨーロッパでも貴重なバロック宮殿のひとつ。領主でもあったカトリック司教の館として1720~44年に建設されました。

レジデンツの見どころは、当時の天才建築家バルタザール・ノイマンと、18世紀イタリアを代表する画家ティエポロのコラボレーションによる、優雅な壁画に彩られたダイナミックな広間の数々。絢爛豪華なインテリアや美術品のがしつらえられた40室が見学可能です。

<DATA>
Residenz Wuerzburg (レジデンツ・ヴュルツブルク)
入場料:大人7ユーロ、学生6ユーロ
開館時間:4~10月 9:00~18:00/11~3月 10:00~16:30

ヴィース巡礼教会

草原に立つヴィース教会。外観は質素ですが、内部は華麗で荘厳な神の家です © Mueller, Werner H.

草原に立つヴィース教会。外観は質素ですが、内部は華麗で荘厳な神の家です © Mueller, Werner H.

ドイツ・ロココ建築の最高峰のひとつと謳われるヴィース巡礼教会は、1983年に世界遺産として登録されました。ここに安置されているのは、涙を流し、病人を癒すと言われるキリスト像。1738年に地元の農婦が祈りを捧げていた時に涙を流す姿を目撃して以来、このキリスト像をひとめ見ようと各地から巡礼者が訪れるようになりました。キリスト像と巡礼者のために、1745~54年に建てられたヴィース巡礼教会は、ロココ式の天井画と装飾で華麗さを極めています。

ロマンチック街道最南端のフュッセンからがアクセスしやすく、ヨーロッパバスで30分、ローカルバスで40分。

<DATA>
Wieskirche(ヴィースキルヒェ)
入場料:無料
開館時間:8:00~17:00(夏季~19:00)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。