売れっ子・大泉洋主演の時代劇!

2015年5月16日より公開となった『駆込み女と駆出し男』。主演の大泉洋が、夫から逃れてきた“駆込み女”を助ける男をひょうひょうと演じています。

この映画をトップに、今回は大泉洋特集を組んでみました。まずは『駆込み女と駆出し男』からスタート!

『駆込み女と駆出し男』(2015年度作品)
駆け込み女と駆け出し男

作家に憧れる見習い医者を演じる大泉洋

原田眞人監督作『駆込み女と駆出し男』は、駆込み寺を舞台にした時代劇です。離縁したい女たちが、駆込み寺こと東慶寺へ入山する前に世話になる御用宿が舞台。

御用宿に来る女性たちはみんなワケあってくるわけですから、それぞれ重い荷物を背負っています。なんとか肩の荷を下ろしたくて来るのですが、そう簡単にコトは進まず、捨てた男たちが連れ戻しに来たり、過去のトラウマから心の病になったりと問題は多いのです。
駆け込み女と駆け出し男

戸田恵梨香、満島ひかりが駆け込み女を熱演。

ストレートに描いていたら重い内容になってしまいそうですが、御用宿の離縁調停人の源兵衛(樹木希林)と居候の見習い医者の信次郎(大泉洋)の明るさ、ユーモアがこの映画のトーンを握っています。大泉が登場人物を明るく照らす太陽なら、樹木はやさしく見守る月ですね。

大泉洋は、江戸時代でも大泉洋のままです。彼の場合、役になり切るというより、役を引き寄せる役者なのでしょう。そしてファンもそんな大泉を待っているのでは? この映画はその期待に大いに応えています。ひょうひょうと立ち回っていたかと思うと、ものすごく長いセリフで女たちの窮地を救ったり、大泉洋の魅力満載!

時代劇が苦手という人も、大泉洋効果ですんなり江戸時代にトリップできる映画です。

駆け込み女と駆け出し男

見習い医者と駆け込み女の関係に変化が……

2015年5月16日公開
監督:原田眞人 出演:大泉洋、戸田恵梨香、満島ひかり、内山理名、陽月華、キムラ緑子ほか
(c)2015「駆込み女と駆出し男」製作委員会



>次は大泉の地元映画をピックアップ!