ブルーベリージャムのレシピ・作り方 お菓子やトーストに!

所要時間:10分

カテゴリー:サブのおかずジャム

 

ブルーベリージャムが10分で簡単に!

フレッシュな果物の香りを楽しむホームメードのブルーベリージャム。加熱するのは10分だけ、砂糖は従来のジャムの半量を使用しているので、果物の本来の味わいが生きています。

焼きたてのトーストやスコーン、レアチーズケーキなどに添えて、季節の果物の恵みをお楽しみください。

簡単ブルーベリージャムの材料(160mlの保存容器 2個分

ブルーベリージャム
ブルーベリー 300g
グラニュー糖 150g
レモン汁 1個分

簡単ブルーベリージャムの作り方・手順

簡単ブルーベリージャムの作り方

1:ブルーベリーとレモン汁を鍋に入れ、火にかける

ブルーベリーとレモン汁を鍋に入れ、火にかける
ブルーベリーを洗い、水気を取り、鍋に入れます。冷凍フルーツを使う場合は、凍った状態のまま鍋に入れ、強めの中火にかけます。

2:グラニュー糖を加え、煮る

グラニュー糖を加え、煮る
ブルーベリーからジュースが出てきて、ブルーベリーの全体がジュースで覆われるくらいになったら、グラニュー糖を加えます。

3:煮詰めながらアクを取る

煮詰めながらアクを取る
沸騰してアクがでてきたら、その都度取り除きます。

4:8~10分煮詰める

8~10分煮詰める
8~10分、焦げないように混ぜながら、中火で煮詰めます。ジュースにとろみがついて、全体にまとまる感じになったら出来上がりです。

ガイドのワンポイントアドバイス

基本のジャムのレシピは果物に対して同量の砂糖を加えますが、今回はより果物のフレッシュなおいしさを生かすために、半量のグラニュー糖だけで仕上げました。グラニュー糖を使い、アクをていねいに取り除くことで、果物の風味を生かした、透明感のあるジャムに仕上がります。強火で短時間で煮ることがおいしさを生かすポイントです。ジャムは冷めると固くなるので、手順4の段階で煮詰めすぎないように注意しましょう。また通常より砂糖が少ないことから日持ちがしないので、冷蔵庫で保存して、2週間程度で食べきるようにしてください。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。