ハルツの魔女祭り「ヴァルプルギスの夜」はおとぎの世界!

majyo9

ヴェルニゲローデ市庁舎に市長と魔女たちが大集合!みなさんコスプレの完成度がとても高い!

ドイツのハルツ地方で年に一度開かれる魔女のお祭り「ヴァルプルギスの夜」。いつかは行ってみたいと夢見ていたお祭りに念願叶って参加してきました!

今回基点としたのは「魔女の町」として知られるヴェルニゲローデ。カラフルな木組みの家々やとんがり屋根の市庁舎、山上にそびえるヴェルニゲローデ城……ここなら箒に乗った魔女が空を飛んでいても不思議ではないかも、と思えてしまうほど可愛いらしい町です。

世界の鉄道ファン垂涎の的「ハルツ狭軌鉄道」の出発点でもあるヴェルニゲローテからSL(蒸気機関車)に乗って魔女が集まるブロッケン山に入っていくという、まさにおとぎ話のような世界を体験。 扮装した魔女たちで賑わう町やお城で開かれるマーケット、魔女列車に魔女パレードまで、「ヴェルプルギスの夜」の全容をたっぷりとご紹介します。

町の見どころはこちらの記事でどうぞ>>>魔女が集うおとぎの国!ヴェルニゲローデ観光/ドイツ

ヴァルプルギスの夜とは?

majyo4

ヴェルニゲローデを練り歩く魔女に扮した一団。4月30日は町じゅう魔女でいっぱい!

ヴァルプルギスの夜は、元々はキリスト教が始まる以前に行われていた春を祝う民間のお祭り。それがキリスト教化されるなかで魔女の宴に変化していったといわれています。

魔女のお祭りが行われる日は五月祭(メーデー)前日の4月30日から5月1日にかけて。ドイツのハルツ地方では、ブロッケン山に魔女たちが集まって宴会を開きどんちゃん騒ぎをするという言い伝えがあり、ゲーテの戯曲「ファウスト」の中で「ヴァルプルギスの夜」として書かれたことで一躍有名になりました。

現在も北部ドイツを中心に北欧や中欧などでこの習慣が残る地域がありますが、やはり世界的に有名な本場はハルツ地方。ヴェルニゲローデやターレ、世界遺産にも登録されているゴスラーやクヴェトリンブルクなど美しい木組みの家が残る町が多く、観光も同時に楽しめるお祭りとして人気を集めています。

魔女の秘密とは?

majo5

魔女にはじつは悲しい歴史が……。この機会に魔女についてもっと知ろう!

今や映画や漫画のなかで大活躍の魔女。多くの人がファンタジーのヒロインとしてのイメージを持っていると思いますが、中世の時代には魔女(に仕立て上げられた人々)は差別の対象となり、拷問や火あぶりの刑に処せられたという悲しい歴史があります。

日本では数年前に開かれた大規模な展覧会「魔女の秘密展」が話題になりましたね。知られざる魔女の秘密にせまるべく、魔女の町ヴェルニゲローデで魔女のお祭りに参加してみてはいかがでしょうか。

それではいよいよ、次ページから魔女のお祭りの始まりです!