「結婚式はこうあるべき!」という枠組みにとらわれない、最近の結婚事情。従来のホテルや結婚式場で行う披露宴から、もっと自由なスタイルのウェディングパーティーへと、変化の兆しを感じさせられます。ちまたのうわさによれば、新しいスタイル「1.5次会」が増えているそうですが、どんなことをするのでしょうか?

1.5次会ってどんな時にするの?

1.5次会とは形式ばった披露宴でなく、二次会ほどカジュアルでない新しい形のウェディングパーティー

1.5次会とは形式ばった披露宴でなく、二次会ほどカジュアルでない新しい形のウェディングパーティー

芸能人ではないけれど、親族だけで海外や有名リゾートで挙式をするカップルも、今では一般的になっていますね。そして帰国後に地元でお披露目するのが、1.5次会スタイルのパーティーなんです。披露宴のように格式高くなく、気負わずに楽しんでもらえることが支持されているようですね。

それぞれのカップルの出身地が遠く離れている場合も、この1.5次会が大活躍。予算的に披露宴を2回もできるわけがありません。そんな時に費用を抑えて、それぞれの出身地で友人中心にカジュアルなスタイルでできるのが、この1.5次会。

さらに、挙式後の披露宴はやらないけれど、親族や会社の上司を招待してお披露目をしたいというカップルも増えています。披露宴の予算を抑えて、自分たちの新生活にお金を使うことは最もな話。

1.5次会のパーティの内容は?

会費制あり、ご祝儀制あり、立食形式や着席形式、コース料理にブッフェ料理。どんな組み合わせでも選ぶことができ、披露宴のように格式高くなく、二次会のようにくだけすぎない、ほどよいパーティースタイルが人気の一つとなっているのでしょう。

基本的にご祝儀はなし。主に会費制(1万円~1万5000円)が一般的に行われています。ちなみに会費は直接お財布から受付の人に渡してOKです(参照:会費制披露宴ってどんなもの?)。

料理は二次会よりもグレードは高めです。会場は1軒家貸切ゲストハウスウェディング、おしゃれなレストランなどが人気ですが、ホテルなどでの1.5次会結婚式パーティーもあります。

服装は一般的な披露宴ほどフォーマルにしなくてもよいですが、ホテルでする場合は1.5次会と言えどもドレスアップされる方が無難かもしれませんね(参照:女性のための結婚式のドレスマナー男性のための結婚式の服装マナー)。またゲストハウスウェディング、レストランであっても、やはり両親など親族が出席される場合は、同じくドレスアップすることをオススメいたします。友人中心なら、カジュアルな服装もOKですが、最低限のマナーを守ることを忘れないでください。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。