子供を健やかに伸ばす母親とは?

思い通りにいかないことが続く時、あなたならどうしますか? 

何もできないと落ち込みしゃがみこむか、何かできることがあるんじゃないかと歩き続けていくか。時に思い通りにいかない人生というものを、母親がどう捉えるかが、子供の成長に影響を与える、そう示す研究がイギリスで発表されています(*)。

ロンドン大学のこの研究では、まず13,000人の妊婦を対象にアンケートが施されました。アンケートには、「嫌なことというのは起こり続け、何をしようが改善しないと思うか?」といった質問が並んでいます。そして16年後の子供達を追跡調査したところ、以上のような質問に、「そう思わない」と答えた母親の子供の方が、「そう思う」と答えた母親の子供より、情緒面や学業面でより秀でていたと言います。

妊婦の答えたこのアンケートは、「統制の所在」をはかるものだったとされています。心理学で言う「統制の所在」とは、何が物事を統制(コントロール)すると捉えているかということです。例えば、周りの物事に対し、「何もできない」とする人は、自分ではどうしようもない「生まれつきの才能」や「外在的な要因」こそが、物事をコントロールすると捉え、「何とかできる!」と思う人は、自ら操ることのできる「能力」や「努力」などが物事をコントロールすると捉える傾向にあると言います。また「統制の所在」は、「楽観性」「やる気」とも深い関わりがあるとされています。確かに、どんな物事を前にしても「自分で何とかできる!」と思える人は、「楽観的」で「やる気」に溢れていますね。

この研究では、周りの物事に対し、自分にできることがある!と捉える母親の子供の方が、より健やかに成長するとのこと。確かに、難しい状況でも、「何とかできる、大丈夫!」そう周りを励まし、楽観的でやる気に満ち笑顔で歩き続けるといったお母さんが傍にいるならば、やはり子供も安心して持てる力を発揮できると思いませんか。では、そんな「太陽のようなお母さん」に近づくために、何ができるかを考えてみましょう。きっと私達にも「何かできることがある!」のではないでしょうか。


「太陽のようなお母さん」に近づくためにできること

母親の楽観性の大切さ

「太陽のようなお母さん」に見守られ、子供達も安心して力を発揮できます

1. 落ち込む自分を肯定する
落ち込んではいけない!太陽のようなお母さんでいなくては!そう肩に力を入れ無理をするよりも、まあ、落ち込んだっていいじゃないと落ち込む自分を肯定し包み込んでやりましょう。それぐらいの気持ちの方が、落ち込みも長引くことなく、気がつけば、気持ちが切り換わっているものです。子供にも、落ち込んでもまた笑顔になれるのよ、そんなメッセージを送ることができるでしょう。

2.ひとまず笑顔を作る
笑顔は、たとえ作り笑顔であっても、気持ちを軽くする効果があると科学的にも分かっています。笑顔を作ることで、笑顔を引き起こす脳の箇所が刺激され、笑っている時と同じ気持ちになるというのですね。満面の笑みとはいかずとも、騙されたと思って、少しだけでも口角を上げてみましょう。楽しいから笑うというより、笑顔を作るから楽しくなることもあります。また笑顔は人に連鎖しますから、自分が元気になるだけでなく、周りもつられて笑顔になりますね。

>>次のページでは3から6までの対応策を見てみましょう。