子どもの気持ちに寄り添う、って具体的にどうすればいいの?

「子供の心に寄り添いましょう」ってよく聞くけれど、具体的にどう関わればいいの?

「子供の心に寄り添いましょう」ってよく聞くけれど、具体的にどう関わればいいの?

子供は小学校に入学すると、幼稚園の頃より更に行動範囲が広がり、親の目が届かない時間が増えますね。成長していく喜びと同時に心配ごとが増えるのも否めません。

親は子育ての話を聞いたり、本を読んだり……と、愛おしい我が子の幸せを願い、さまざまな子育て法に敏感になるのではないでしょうか。そのようなとき、必ずと言ってもいいほど出てくる「子供の心に寄り添いながら……しましょう」というフレーズ。一度は耳にしたことがあると思います。

でも、「心に寄り添う」と言っても、どのように接して、どんな言葉をかければ良いのでしょうか……。日常生活の中で、具体的な事例をもとに子供の心に寄り添っていく関わり方を5段階のステップで考えてみましょう。
 

矢継ぎ早な質問は、子供の心を閉ざす

子供が学校から帰ってきた時、涙を流していたら、心配なあまり、「どうして泣いているの?」「何があったの?」「涙が出てるじゃない!」と質問攻めにすることはないでしょうか。親は子供のことを心配し、矢継ぎ早に声をかけると、子供は話したくとも、余計に心を閉ざしてしまいます。

……とは言うものの、親は気にせずにはいられませんね。何があったのか、どのような気持ちなのか、子供が話してくれればいいのですが、なかなか話してはくれないことが多いです。このようなときは、子供の心に寄り添いながら、少しずつ気持ちを引き出していってあげてください。次に日常生活に落とし込んだ心に寄り添う関わり方を5段階のステップでお伝えします。
 

子どもの気持ちに寄り添うす5段階のステップ

ステップ1: 今の事実だけを告げる
子供の方を見て、「涙がでているようだけど……」とその事実だけを言いましょう。これは「親が自分に関心を持ってくれている」ということを子供に感じさせます。


ステップ2: 「はい」「いいえ」で答えられる質問をする
次に、「お友だちとケンカしたの?」「先生に叱られたの?」など、「はい」「いいえ」で答えられる質問をそっと投げかけてみましょう。これは、コミュ二ケーションの糸口を作るために、親の投げかけた言葉に対し、答えやすいような質問をします。

子供からの答えは言葉で返ってこず、首を縦に振る、もしくは横に振るだけかもしれませんが、これでも非言語のコミュ二ケーションが充分成立しています。


ステップ3: 実際にあった出来事だけを尋ねる
そして「お友だちと、どのようにしてケンカになったの?」「何故、先生はあなたに注意をしたの?」と、出来事だけを答えられるように尋ねます。ここで子供が自分自身の言葉を使って話すきっかけを作ります。

状況がうまく話せなかったり、単語程度の言葉しか返ってこなかったりする場合もあり、親としては少々歯がゆく感じることもあるかもしれませんが、そこは、きちんと説明できなくても、かまいません。大切なことは、子どもが親を信頼し、話しをするということです。


ステップ4: 気持ちを尋ねる
「それで、あなたはどう思ったの?」「どのような気持だったの?」と、子供の心情や今抱いている気持ちを話すように言葉をかけます。ここから少しずつ子供の心の内面に近づいていきます。


ステップ5: 共感する
子供がどのような気持ちを訴えても、親は一旦それを受け入れてあげましょう。子供が「悔しい」と言えば「悔しかったのね」と、「悲しい」と言えば「悲しかったのね」と応じてあげることが大切です。

そこから子供は「お母さんは、分かってくれている」と実感し、親への信頼が深まります。このようにして子供の心に寄り添っていきながら、少しずつ気持ちを引き出していってあげてください。

 

もし指導的関わりが必要な場合は、感情を受け入れた後にする

途中で「それはあなたが○○したから、お友だちとケンカになったのでしょう」または「あなたが△△だったから、先生が注意したのでしょう」となどは、言わないようにしましょう。

もし指導的な言葉がけや関わりを必要とする場合は、まずは子供の感情を受け入れ、「親は自分を認めてくれている、理解してくれている」ということが伝わり、信頼関係を深め、それから後にすることがポイントです。

子供の心に寄り添いながら、気持ちを引き出していくときは、是非この5段階のステップを参考にしてみてください。

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※乳幼児の発育には個人差があります。記事内容は全ての乳幼児への有効性を保証するものではありません。気になる徴候が見られる場合は、自己判断せず、必ず医療機関に相談してください。