子供の心に寄り添うって具体的にどうすればいいの?

kokoroniyorisou

「子供の心に寄り添いましょう」ってよく聞くけれど、具体的にどう関わればいいの?

子供は小学校に入学すると、幼稚園の頃より更に行動範囲が広がり、親の目が届かない時間が増えますね。成長していく喜びと同時に心配ごとが増えるのも否めません。

親は子育ての話を聞いたり、本を読んだり……と、愛おしい我が子の幸せを願い、さまざまな子育て法に敏感になるのではないでしょうか。そのようなとき、必ずと言ってもいいほど出てくる「子供の心に寄り添いながら……しましょう」というフレーズ。一度は耳にしたことがあると思います。

でも、「心に寄り添う」と言っても、どのように接して、どんな言葉をかければ良いのでしょうか……。日常生活の中で、具体的な事例をもとに子供の心に寄り添っていく関わり方を5段階のステップで考えてみましょう。

矢継ぎ早な質問は、子供の心を閉ざす

子供が学校から帰ってきた時、涙を流していたら、心配なあまり、「どうして泣いているの?」「何があったの?」「涙が出てるじゃない!」と質問攻めにすることはないでしょうか。親は子供のことを心配し、矢継ぎ早に声をかけると、子供は話したくとも、余計に心を閉ざしてしまいます。

……とは言うものの、親は気にせずにはいられませんね。何があったのか、どのような気持ちなのか、子供が話してくれればいいのですが、なかなか話してはくれないことが多いです。このようなときは、子供の心に寄り添いながら、少しずつ気持ちを引き出していってあげてください。次に日常生活に落とし込んだ心に寄り添う関わり方を5段階のステップでお伝えします。

>>>子供の心に寄り添っていく具体的な関わり方5段階ステップ