エアプランツをテラリウム風に飾る

枯らしてしまうのが怖くて本物のグリーンを育てる勇気が持てない、そんな場合におススメなのがエアプランツ。基本的には空気中の水分を吸収するので、週にいちどの霧吹きで世話できる気軽さから、人気急上昇中のインテリアグリーンです。
小さな観葉植物をテラリウム風に楽しむ3つの方法

左:フランフランで購入したヘキサゴングラスエアプランツ(1800円・税別)。中央:キントーのBOTTLITキャニスターは600ml(2000円・税別)、300ml(1400円・税別)、150ml(1200円・税別)の3サイズ 右:詰め替え後

インテリアショップでは、苔やフィギュアなどとセットにしたエアプランツが販売されていることもあります。ただ、ぐんぐん育つものではないので飽きがくることも……。そんな時には容器を変えて、テラリウム風に楽しんでみましょう。

上の写真は、フランフランで購入したエアプランツを、耐熱ガラスとコルクを組み合わせたボトル型キャニスター「BOTTLIT(ボトリット)」に詰め替えた例です。サイズ違いのBOTTLIT2本(600ml、300ml)に詰め替えができました。
小さな観葉植物をテラリウム風に楽しむ3つの方法

買ってきたエアプランツも、ちょっと手を加えればオリジナルに! エアプランツだけを買ってきて、自分の好みにボトル詰めするのもいいですね

ボトルは縦に長いけど底の面積は小さいので、少ない量で緑を効果的に楽しめます。キントーのBOTTLITは本来コーヒー豆などを入れる保存容器ですが、インテリア的にもかなり役立ちます。

IKEAのフェイクグリーンをボトル詰め!

光が差さないところに緑を置きたい場合は、やはりフェイクグリーンが便利です。最近のフェイクグリーンはかなりクオリティが高いのですが、抵抗がある人もいますよね。そんなときも、テラリウム風の見せ方がお役立ちなんです。
小さな観葉植物をテラリウム風に楽しむ3つの方法

葉っぱはイイ感じなのに幹のクオリティが……という場合は、割り切って葉っぱだけ使ってみましょう。葉っぱが取り外しできるものもあります。ボトルに詰めるとホコリもつかず、本棚などに置いても良さそう。なお、ここではIKEAのFEJKA人工観葉植物(499円・税込)を使っています

用意したのは、IKEAで購入したフェイクグリーンの鉢植えと、BOTTLIT。まずはフェイクグリーンの葉っぱ部分を取り外します(素材と割り切るならハサミで切ってもOK)。葉っぱをボトルに入れれば、はい、完成! ボトルに入っているぶん、フェイクグリーンの質感は目立ちません。
小さな観葉植物をテラリウム風に楽しむ3つの方法

手持ちのがラス容器や空き瓶を上手に使えば、家の中のいろんな場所でグリーンを楽しめます。形が可愛くて捨てられなかったガラス瓶も、こんなふうによみがえらせてみてはいかがでしょう


リアルな観葉植物でも、フェイクでも、テラリウム風な要素を取り入れるとインテリアに映えるグリーンを作ることができます。ぜひチャレンジしてみてください。空き瓶を使えばコストが抑えられますし、後で実用的に転用できるボトルを選べば無駄がありません。

【関連記事】
・ニトリのフェイクグリーンを上手に飾るテクニック
・フランフランの緑と花と雑貨で小さなスペースを飾る


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。