五月病の負のスパイラルにはまらないために

社員が悩んでいる様子

スーパースターもみんな悩んで大きくなった

五月病の大きな原因の一つに、一人で悩みを抱え込む、 と言うものがあります。誰にも相談できず、一人で抱え込み、そこから抜け出せず悪化していく。そんな負のスパイラルに陥ってしまうと、悪化の一途を辿ってしまいます。

日頃から、少しでも悩みを抱えたら、声に出し、相談できる先輩や、悩みを共有できる仲間がいれば、早期に立ち直ることもできるでしょう。今回は、そのようなコミュニケーションが容易にできる体制や仕掛けを紹介します。

「なんで上手くいかないのだろう?」
「どうすれば、対応できるのだろう?」
そして、それが繰り返されると、
「なんで自分だけこのように上手くいかないのだろうか?」
他のメンバーは大丈夫なのに、自分だけがだめなように感じ始めてしまいます。

しかし、決して、自分だけが苦しんでいるのではありません。平然と仕事をしている同僚も、いまはときめく社内のスーパースターも同様にもがき苦しんだ時期は、きっとあったに違いありません。

社内報の企画に、「みんな悩んで大きくなった」というものかあります。伝説と言われる社内のスーパースターの苦悩の時期をあぶりだした企画です。その当時、何に悩み、それをどのように克服していったのか。その悩んだ時期は、今の自分にとってどのような意味があるのか。インタビュー記事で詳細に記します。

読者の感想は、
「あの先輩も悩んでいたなんて。何か救われた気がしました」
「私が現在悩んでいることなんて、ちっぽけなものに思えました」
「いまを乗り切れば、きっと大きく成長できると感じました。思いっきりもがきます」
このような感想が出てきます。

会社人生において悩まない人はいません。誰でも普通に悩み、そこから大きく成長しているのだ、そのようなストーリーのある社内報企画を展開してはどうでしょうか。きっと若手を中心に元気づけることができるでしょう。

「誰か教えて」。いま何に困っているかが表明できる社内SNS

悩んでいるとも、はた目から見たら普通に仕事をしているケースもあります。むしろ、気丈に明るく振る舞っているかもしれません。

「まさか、彼がそんなに悩んでいたとは」、そのようにハタ目からはなかなか気づかないことも多くあります。悩んでいる人から、その悩みを表明させる仕組みがあったら、どうでしょうか。

今の若手は、リアルなコミュニケーションにおいて傷つくことを嫌います。SNSを通じて、そこはかとなく意志を表明し、共感してくれる人を求めます。SNSで悩みをシェアし、コミュニケーションが始まります。

平均年齢が若い企業で頻発している「トイレ問題」をご存知でしょうか?
仕事で行き詰まり、あるいは仕事でストレスを感じると、トイレに籠り、SNS上でストレスを発散するのです。トイレに向かって、長時間帰ってこない。なかなかトイレが空かないなど、トイレに長時間籠ることでいろいろと問題が生じているのです。

社内SNSを運用している会社も多くなってきています。フェイスブックやミクシィなどと異なり、会社の公式メディアですから、なかなかストレートに本音を吐くことは少ないかもしれません。しかし、ある課題が解決せず、それによりストレスを抱えているのであれば、その課題についての解決策を求めるということなら、SNS上で表明することは敷居が低いのではないでしょうか。

活用を促すのであれば、まずは先輩社員に積極的に投稿してもらい、先の社内報企画ではないですが、先輩も悩んでいるという実態を感じてもらうことが必要でしょう。また、開設当初は、このようなお悩み投稿を、運用事務局から、知り合いに頼んでお願いすることがポイントです。「さくら」ですが、当初は必要でしょう。

また、投稿されたものについても、事務局側で回答者を個別に見つけて、回答の投稿を依頼するなど、ここでも「さくら」作戦を行います。社内SNSはほっておいても決して活用されません。

投稿する人がいるんだ、投稿すると回答が寄せられるんだ、そのようなイメージ作りをしていけば、自主的に活用される人が出てくるものです。