地下のある吹抜けのメゾネット

 

写真をクリックすると最初の写真に戻ります
A住戸
1. 南側に面した大きなガラス窓。ドライエリアに植えられた木は、季節を感じるコハウチワカエデ。
A住戸
2. キャットウォークから吹抜けを見下ろす。天井高は約5.8m。十字に組んだ手摺の奥はカーテンで仕切られた寝室。右の白い壁は左官仕上げの階段室。
写真:@Kenji MASUNAGA/益永研司写真事務所
A住戸
3. こだわりの黒いキッチンは全てオーダーメイド。階段室の壁から続くタイルの壁面の白い左官壁は住人が塗った。
4. 南側に面した1階の寝室。カーテンでクローゼットを仕切る。


A住戸に住むのは、ゼロワンオフィスに勤めるNさん。1階と地下のメゾネットタイプのほぼ3分の2を吹抜けにして開放的な空間を造り上げました。仕上げはH鋼や打放しのコンクリートなど、生の質感を大事にしています。
玄関と寝室と洗面室とトイレとバスルームの水回りを1階に、生活のメインとなるLDKを地下に配置し、南側のドライエリアに向けて2層分の大きなガラス窓を設けることで、外の光と風をふんだんに取り込めるようにしています。ここは外部とのプライバシーを守りながら開放的に暮らせるという、地下ならではの利点を最大限に活かした設計になっています。
これまであった樹木をできるだけ残し、道路側に植栽を施した里山風の築山を設け、各住戸にマイツリーを植えて街の環境づくりにも貢献しながら、「ウチソト」をはじめとした「外を感じる暮らし」を建物全体で楽しむこのコーポラティブハウスは、受け継いで来た暮らしの継承に繋がる理想的な例証と言えるでしょう。
◆建築データと建築家プロフィール


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。