どうすることが、相手のため?

相手を思うように貴方を思いましょう

相手を思うように貴方を思いましょう

私たちは「愛する」ことを考えるときに、相手のニーズを捉えようとします。「彼はどうして欲しいんだろう?」「こうすれば喜ぶのかな?」。どんなに想像しても、残念ながらそれは外れることもあります。

「こうして欲しい」というニーズを把握するために、相手に直接聞くことができれば最高です。しかし、それがかなわない時もあるでしょう。だからといって、相手のニーズを考えることを放棄するのもまた、貴方は自分のなかにある愛にそぐわないと感じます。

貴方はそこで、さらに考えるでしょう。「相手のニーズは分からない。どうすることが、相手にとって最高なんだろう? 一体どうすれば……」。多くの場合、そうして考えるプロセスのなかで「きっとこれなら!」というアイデアが出てきます。しかし、アイデアが出てこないときもあります。そんなときは、もしかすると『落とし穴』にハマっている時かもしれません。

自分を愛さない『落とし穴』

クリエイティブなアイデアが出ない時は、大抵は自分自身を愛することを忘れてしまっている場合が多いのです。

自分を勘定に入れない考え方は、不幸の元です。「相手を愛する!」という大義名分があるため、そこに『自己犠牲(自分が損してでも相手に満足してもらうという考え方。これは相手に罪悪感を植えつけます)』の落とし穴が存在します。

『自己犠牲』とは、「私はいいから、あなただけは幸せになって」というやり方です。これでは、カップル単位で真に幸せにはなってはいません。恋人と自分の幸福度を足して、プラスにならないばかりかマイナスになってしまいます。

>>ふたりが幸せになれる関係でなければ、愛ではない