ソーデルマルム(Södermalm)エリアのおすすめホテル

sodermalm1

美しいソーデルマルム島 写真:Ola Ericson/imagebank.sweden.se

高級なイメージが強いエステルマルムとは対照的に、ヒッピーでボヘミアンな雰囲気を醸し出す、若者に人気のエリアがソーデルマルムエリアです。中級ホテルの数はそれほど多くなく、リーズナブルなホテルが多いのが特徴です。

 


 

リーバルホテル(Hotel Rival)

Hotel Rival

オーナーのアバのベニーの活躍が壁にも 写真:Hotel Rival

Hotelribal2

マリアとリエットに面するホテルの外観 写真:Hotel Rival

ソーデルマルムの入り口、マリアトーリエット(Mariatorget)の公園に面して立っているのが2003年にオープンしたアバのメンバーだったベニー・アンデション(Benny Andersson)が経営するリーバルホテルです。宿泊のみではなく、700名を収容できるホールがあり、多くのイベントが年間を通して行われます。宿泊料金に朝食が含まれていないので、希望する際は予約時に伝えましょう。


 

<DATA>
リーバルホテル(Hotel Rival)
住所:Mariatorget 3, Stockholm
TEL:+46 (8) 545 78900
料金:1泊2名 1500スウェーデンクローネ~
アクセス:地下鉄赤ラインでMariatorget駅下車、徒歩2分

クラリオンホテル・ストックホルム(Clarion Hotel Stockholm)

sodermalm2

ソーデルマルムエリアのSOFO地区には、ユニークなお店がたくさんある 写真:Mikael Sj?berg/imagebank.se

ソーデルマルムのメインストリート、ヨータ通り(Götgatan)の終わり、スカンスツル(Skanstull)にあるのが、クラリオンホテル・ストックホルムです。すぐそばにはストックホルムで最大のスポーツセンターがあります。ストックホルムで2番目に大きなホテルだけあって、館内にはスパはもちろんのこと、カクテルバーやレストラン、会議場などすべての機能を備えています。


 

<DATA>
クラリオンホテル・ストックホルム(Clarion Hotel Stockholm)
住所:Ringvägen 98, Stockholm
TEL:+46 (8) 462 1019
料金:1泊2名 800スウェーデンクローネ~
アクセス:地下鉄ラインでSkanstull駅下車、バス3、4、55、74番でSkanstull駅下車、徒歩2分
 

ストックホルム郊外のおすすめホテル

ストックホルム中心部を少し離れた地下鉄沿線や郊外電車の沿線にも多くのホテルがあり、滞在の目的やハイシーズンなどには利用する価値があるところも多くあります。

スタルメスタレゴーデン(Stallmästaregården)

Stallmastaregarden1

ナショナルパークに面するホテルの外観 写真:Stallmastaregarden

Stallmastaregarden2

趣あるホテルのレストラン 写真:Stallmastaregarden

スウェーデン皇太女ご家族の住まいがあるハーガ公園(Haga parken)のある国立公園に面した自然豊かな環境にあるのがスタルメスタレゴーデンです。スウェーデン初の宿と言われている歴史的なこのホテルですが、部屋の内部は現代的になっており、自然と都会の両方を楽しみたい方にオススメです。


 

<DATA>
スタルメスタレゴーデン(Stallmästaregården)
住所:Norrtull, Stockholm
TEL:+46 (8) 610 1300
料金:1泊2名 1300スウェーデンクローネ~
アクセス:地下鉄中央駅からバス59番、Norrtull駅下車、徒歩5分

ホテル・ジェイ(Hotel J)

ストックホルム市内から地下鉄とバス、もしくは船を利用して30分ほどで訪れることができる、郊外の水辺のホテルがホテル・ジェイです。都会のホテルではなく、落ち着いた自然の中での滞在を希望する方にオススメです。ナッカ・ストランド(Nacka Strand)にあり、大型客船が行き交う海を見ながら、ゆったりと過ごせます。

<DATA>
ホテル・ジェイ(Hotel J)
住所:Ellensviksvägen1, Nacka Strand
TEL:+46 (8) 601 3000
料金:1泊2名 1500スウェーデンクローネ~
アクセス:地下鉄Slussen駅より、バス443番でNacka Strand駅下車すぐ

 ホテルの料金は目安であり、シーズンや混み具合によって大きく変動することをご了承ください。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。