フォルクスワーゲン・ポロGTIが「復活」

フォルクスワーゲン・ポロGTI

ハニカムメッシュのフロントグリルに加えて、赤いラインと専用バッヂによりひと目でGTIだと分かる。専用バンパーは左右に大きなエアインテークが配置され、よりスポーティムードを強調


カタログから一時落ちていたフォルクスワーゲン・ポロGTI。ベースのポロがビッグマイナーチェンジを受けたことで新型として再登場した形になる。

現在は7速DSGのみだが、年内にもMTを導入するとアナウンスされているだけに、コンパクトなスポーツハッチを選びたいと考えている人に朗報だ。

「GTI」といえば、まずはゴルフを思い浮かべる人が多いだろうが、現行ゴルフGTIは、日本では素直にコンパクトとはいえないサイズに加えて、優等生かつ高性能になり過ぎた感もあり(もちろん歓迎すべきことだが)、「GTI」といえば、刺激的なコンパクトハッチでしょう! というイメージを抱く人からは少し離れているような気がする。

逆にいえば、ゴルフGTIは、「GTI」本来の価値であり、モデル名の由来でもあるGT色をより強め、ポロGTIはピリ辛のスポーツハッチを地で行くと考えることもでき、クラスは元から違っているとはいえ、「住み分け」がより明確にされているともいえる。

想像以上に辛口のポロGTIの走り

フォルクスワーゲン・ポロGTI

フォルクスワーゲン・ポロGTIのボディサイズは、全長3995×全幅1685×全高1445mmで狭い住宅街などでも取り回ししやすく、駐車場しやすい。価格は334万2000円


そう、ポロGTIは予想どおり、いや、それ以上に辛口だ。もちろん、メカニズムとしての精緻さは健在であり、ボディ剛性感の高さもあってあくまで「いい物感」があるという前提だが、街中をゆったり流すようなシーンでも自慢のDSGが瞬時に変速し、「前へ前へ」と追い立てられるように加速していく。

さらに、乗り心地は明らかにハードで、常に上下方向を中心に揺すられるような印象を覚えるが、ボディの堅牢感はかなり高いから整合性はとれている。タイヤの銘柄や指定空気圧などもあるだろうが、それでも最近のスポーティモデルの中でも硬派な乗り味なのは否定できない。

シーンを高速道路やワインディングに移すと、絶大な安心感につながるのも想定どおりで、高速道路ではある程度飛ばした時にボディのフラット感が高まるし、ワインディングでもロールを抑えた素早いフットワークを味わえる。

通常モデルよりも15mmのローダウンとなるスポーツサスペンションが装備されている恩恵は、高速道路や山岳路でのコーナリングなどで感じられる。

次ページは、排気量を拡大したエンジンについて