よく噛む方法

当たり前のようですが、下記の点が重要です。
  • まず、1口で食べる量を少なめにします
  • 1口で噛む回数は30~50回が理想です
  • 噛み応えのある食材も取り入れます
噛む

小さい頃からよく噛む習慣をつけたいものです


また、よく噛むことで、体に良い影響があると言われています。
  • 消費エネルギーを増加します
  • 唾液の分泌がよくなり、虫歯の予防になります
  • 唾液の分泌で消化が良くなり、胃腸への負担が減ります
  • 噛むこと、唾液の分泌で満腹感を得られやすくなり、食事量を減らすことができます
  • 脳内のヒスタミンが増えて、食欲を抑えることができます。さらに集中力や記憶力がよくなります
  • 顎が発達します
  • 顎が発達することで、口呼吸が減り、呼吸器感染症になりにくくなります
  • 目の周りの筋肉を刺激して、老化を防ぎます
  • ビタミンなどの吸収を助けてくれます
  • 顎の筋肉の発達は、顔全体を引き締めます

このように健康・美容にも良い、よく噛む食事を続けてみてはいかがですか?運動時にガムを噛むのは、集中するために必要かもしれませんね。

小さい頃からしっかりと噛んで食事する習慣をつけておきたいものです。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項