ちょっとした“好み”の差でモデルから変えられる

BMW X4

X6のコンセプトを受け継いだ、クーペフォルムのクロスオーバーSUV。ミドルクラス初の“スポーツ・アクティビティ・クーペ”

ありとあらゆるカテゴリーのクルマをショウケースに並べておく。その昔は日本のメーカーの専売特許で、売れないクルマばかりを並べては新型車登場と自慢ばかりしていたもの。その頃のBMWといえば、3と5と7のセダンモデルを核として、せいぜいワゴンかクーペ、オープン、そして“M”があった程度で、ZモデルやXモデルが誕生したときには、大いに驚かされたものだった。

それが、どうだ。今やXモデルは、1、3、5と大中小の軸を揃え、しかもよく売れていて立派な中核ラインアップに。それぞれ軸のパイが大きくなってくると、こんどはその隙間=ニッチを、埋めたくなる=メーカー、埋めてほしくなる=ユーザー、もの。既存のセダンモデル群でも、2や4や6といったスポーツ系が存在するように、Xモデルにも、既にX6というクロスオーバークーペがあったりする。
BMW X4

2Lターボを積むxドライブ28i(674万円)とxドライブ28i Mスポーツ(705万円)、3Lターボのxドライブ35i(763万円)とxドライブ35i Mスポーツ(790 万円 写真)をラインナップ

だから、X3の4ドアクーペ版というべきX4が出ても、もはや何の驚きもなかった。むしろ、このクルマをどこかの誰かが本当に望んでいたのか? と、ここにきてはじめてBMWのニッチ埋め戦略に首をかしげたほどだ。需要を新商品で喚起することはメーカーの役目であるけれど、ここまでバリエーションが広がってくると、買う方も、そして売る方だって、きっと戸惑うんじゃないか。そう思ったからだ。

少なくとも、X4シリーズの周辺には、X3はもとより、たとえば3シリーズGTのような他領域のニッチモデルもあるわけで、ちょっとした“好み”の差次第でグレードではなくモデルそのものが変わってしまうという贅沢な現実に、国産ブランドの多品種展開時代をよく知る筆者も、少々たじろいでしまう。
BMW X4

MスポーツはBMW M社が開発した専用装備を内外装に装着。よりスポーティな走りのスポーツ・サスペンションも備わった