オプショナルツアーで南仏プロヴァンスの歴史をたどる旅

アルルの町並み

紀元前1世紀建造の円形競技場とアルルの町並み


南仏プロヴァンスには歴史にまつわる観光箇所が点在しています。アルルは古代ローマ時代に首府が置かれ、2000年もの歴史がある遺跡群は今もその姿を重厚に残しています。プロヴァンスの歴史をたどるには、じっくりと時間をかけてまわりたいものです。ゆっくりと濃厚な時間が流れる中で、当時に思いをはせてみると、ゴッホやセザンヌなど多くの芸術家をも虜にしたプロヴァンスの魅力を再発見することができるはず。

一言でプロヴァンスと言っても、見どころは広範囲に分布しているため、なかなか個人で巡ることは難しいもの。また、小さな町へのアクセスは公共バスを利用しなければならず、バスの時刻表に合わせたスケジューリングが必須となります。多くの観光地を合理的にまわるには、現地発着のオプショナルツアーに参加するのが断然便利です。アヴィニョンやエクサン・プロヴァンス、マルセイユなどパリからのTGVが停まる町を拠点にすれば、選べる観光ツアーの幅もぐんと広がります。また、現地の歴史に精通したガイドさんからの話を聞くことで訪れた街の理解も深まります。

南仏プロヴァンスを巡る おすすめオプショナルツアー


いつの時代も私達を魅了してやまない南仏プロヴァンス。その歴史は紀元前まで遡ります。ローマ時代の遺跡が残るアルルやオランジュ、巨大水道橋ポン・デュ・ガール、14世紀に繁栄したアヴィニョンは世界遺産に登録され、歴史の重みを物語っています。バラエティに富んだ現地発着ツアーで南仏の歴史を紐解いてみましょう。

■アルルで歴史の息吹を感じる旅
アルル円形競技場

フランス最大のアルル円形競技場ではかつて剣闘士や猛獣たちの闘技が行われていた

「小ローマ」と讃えられるアルル、今なお町中に円形競技場や古代劇場などのローマ遺跡が残り、一歩足を踏み入れたとたん当時の世界へタイムスリップしたような感覚に。歴史が色濃く残るこの町では、毎年夏に一度、中世の民族衣装を身にまとった女性たちによる「アルルの衣装祭」が有名。2015年は7月5日に開催され、アヴィニョンを拠点とした日帰りツアー催行されます。この時期に南仏旅行を訪れるなら見逃すことのできない一大イベントです。


■古代ローマ人の建築技術は圧巻 世界遺産ポン・デュ・ガール
ポン・デュ・ガール

見事な三層のアーチに息を呑む 歴史的産物のポン・デュ・ガール

「ガール川を渡る橋」として架けられた巨大な水道橋ポン・デュ・ガールは、ローマ時代にユゼスからニームへ飲料水を運ぶための導水路として建設されました。実際に近くで橋を眺めてみると、当時の土木技術、建築技術のレベルの高さやその保存状態の良さに誰もが驚かされます。ポン・デュ・ガールへは、プロヴァンスの他の都市との観光を組み合わせたツアーが主要都市から出ていますので、滞在地から気軽に参加することが可能です。


■シャトーヌフ・デュ・パプで乾杯!最高峰ワインの試飲つきツアー
シャトーヌフ・デュ・パプ

シャトーヌフ・デュ・パプはコート・デュ・ローヌの名産地として有名

コート・デュ・ローヌの最高峰ワインとして世界に名を轟かせているシャトーヌフ・デュ・パプ。歴史をたどると、14世紀にアヴィニョン法王がこの地に別荘を構えブドウ畑を作らせたことが始まり。地名もそれにちなみ「法王の新宮殿=シャトーヌフ・デュ・パプ」と名づけられました。この村を訪れるなら、アヴィニョン出発のワイナリー訪問付ツアーがおすすめです。日本語ガイドがご案内するツアーでは、言葉の問題もなく心ゆくまで芳醇なワインに心酔できることでしょう。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。