個性豊かなバリエーションに感動!『ラナンキュラス』

13pink

中間色の淡い美しさは21世紀の色、と表現する草野さん

ここ数年、好きな花として人気急上昇中の花、ラナンキュラス。ほっこりした丸い花と、原色から淡い色合いまで変幻自在のカラーバリエーションは、普段使いからブライダルまで人気の高い花屋さんの定番となりました。
3ikalos

ギリシャ神話ら名づけられた「イカロス」は生命力あふれる美しさ

有機農業、そしてユネスコエコパークとして日本でも知名度の高い宮崎県綾町。のどかな風景が広がるこの地に、有限会社綾園芸の代表取締役・草野修一さんが、次々と新種のラナンキュラスを生み出しています。

ラナンキュラスの育種家である草野さんは、日本をはじめ海外のフラワーショーでも数々の受賞歴を持つ、ラナンキュラスのトップブリーダー。草野さんが手がけたラナンキュラスは、13年で220種を超えているというから驚きです。
1luxariadone

日本フラワー・オブ・ザ・イヤー2012「最優秀賞」(切花部門)受賞 ラックスシリーズ「アリアドネ」

最近、注目の品種がラックスと名が付けられたシリーズ。ラックスシリーズは、花びらにツヤツヤとした陶器のような光沢があり、茎もすらっと伸びて、立ち姿も美しい花です。切り花としても抜群に花持ちがよく、つぼみが開くにつれ花の向きも次々と変化し、まるで生きているよう。
4kusano

以前訪れた米カリフォルニアのラナンキュラス畑を宮崎にも作りたいという、草野さん

実は草野さんは神奈川のご出身で、元々宮崎には知人もいなかったとか。25年前、お父様とラナンキュラスを育てるのによい場所はないか、と探していた中で宮崎に当たりをつけて来てみたところ……冬でも気持ちいい青空に、草野さん曰く「ここは日本のカリフォルニアだ!と思った」。そこからは、不思議なご縁がつながって、あっという間に綾で花づくりをすることになったそうです。草野さんは、まさに花の神様に選ばれた人、なのではないでしょうか。
7shuans

カラフルなシューアンシリーズ、この色でラナンキュラス畑ができるのが楽しみです!

草野さんが手がけるラナンキュラスは、「これもラナンキュラス!?」と思えるほど、バリエーションが個性豊かです。どんな花が好まれるのか? 草野さん自身も想像がつかない部分があり、珍しい新種が生まれると、花屋さんやいろんな人に感想を聞いて、開発を進めるか決めていくそうです。
8morocco

モロッコシリーズはちぢれた花びらがコケティッシュな魅力

胡蝶蘭と同じく、ラナンキュラスの世界でも、花の大きさはアピールポイントのひとつです。ラナンキュラスの原種は花びらがたった5枚のキンポウゲですが、それがここまで美しく進化を遂げています。
11rimoge

フレッシュなオレンジ色に気持ちがはずむ[リモージュ]

また、以前こちらの記事でご紹介した花のイベント「こどものくに」フラワーフェスタ2015では、草野さんが内閣総理大臣賞を受賞したラナンキュラスがキッズガーデンにて使用されています(3~4月)。
12skulan

芍薬にも負けない存在感、「スクラン」


5house

解放された観光農園は年1度のチャンスです!

草野さんが代表をつとめる綾園芸では、一般小売は通常行っていません。毎年2~3月に一般向けの見本園が解放され、花の販売があり、販売前の新種も見ることができます。くわしくは綾園芸HPをご覧ください。
<DATA>
有限会社 綾園芸
ガイドいちおし、草野さんご本人のブログは読みごたえがあり、花好きには必見です!
住所:宮崎県東諸県郡綾町南俣3179-1