ロンドンからも近いウェールズの「食」に注目

英国の中でも隠れた魅力にあふれる地方、それがウェールズです。その海岸線が2012年、ロンリープラネットの「訪れたい世界の地域10選」で1位に選ばれるなど、日本からの観光地としても今後盛り上がることが予想されるウェールズを、今回は「食」にフォーカスをあてて紹介します。

ウィリアム王子とキャサリン妃が結婚後、居を構えたことで有名なウェールズ北西のアングルシー島がある北部ウェールズへは、リバプール、マンチェスター、そして湖水地方からのアクセスが良く(列車で2時間程度、車で1時間程度)、またウェールズの中心都市である南部のカーディフへは、ロンドンのパディントン駅から列車でわずか5駅です(2時間程度)。カーディフ空港へは、アムステルダム・スキポール空港経由で日本からのアクセスも便利です。

一般的なウェールズ観光としては、風光明媚な遺跡の散策や、城めぐり、そしてパブめぐりなどがありますが、実は、意外かもしれませんが、ウェールズは世界の有名チーズアワード常連のチーズ会社、そして英国王室御用達のチーズ会社の2社を有しており、チーズのレベルは世界でも随一。チーズといえば、ヨーロッパの他の国々を思い浮かべるかもしれませんが、ウェールズは隠れたチーズ王国。お土産としても最適です。

スノードニア・チーズ・カンパニーのチーズ

1

カラフルで興味と食欲をそそります

1つめの会社は、北ウェールズの壮大な渓谷と美しい山々・湖に囲まれた秘境に佇む工場で熟成され、数多くの賞を受賞しているスノードニア・チーズ・カンパニーのチーズ。ウェールズをはじめ、英国の評判の高い小売店の店頭、主要なスポーツイベント開催地、高級食材直売店で購入することができます。歴史はまだ浅く、2001年にウェールズの酪農家が集結し、英国各地のファーマーズマーケットにてチーズの販売を始めたのが最初。その味が瞬く間に評判になり、数ヶ月後には、デリカテッセンや高級食材店でそのチーズが扱われるようになりました。スノードニア・チーズ・カンパニーのチーズの特徴は、何といってもその個性的なフレーバーのラインナップです。全部試したくなります。

2

さっそく味見をしてみましょう

3

オレンジ皮はGinger Spice Cheese


ヨーロッパ最大の農業イベントである『ロイヤル・ウェルシュ・ショー』でゴールド賞を受賞した一品が上の写真「Ginger Spice」。砂糖漬けショウガ入りのミディアム熟成チェダーです。上品な甘さとチェダーのコクが絶妙に絡み合う絶品。思わず「チーズケーキ?」と言ってしまいそうになる味です。

4

グリーン皮はGreen Thunder Cheese

グリーンは、英国で最も歴史があるチーズ賞である『グローバル・チーズ・アワーズ』でゴールド賞を獲得した「Green Thunder」。ガーリックとガーデンハーブの柔らかな熟成チェダーです。

5

レッド皮はRed Devil Cheese

レッドは、世界的にも権威があるチーズ賞である、英国ナントウィッチで開催される『インターナショナル・チーズ・アワーズ』でゴールド賞を獲得した「Red Devil」。チリ唐辛子と胡麻が効いたレッドレスターチーズです。

今回紹介したのはほんの一例。その他にも、一度はその味を確かめてみたい、受賞歴のあるチーズがたくさんあります。