子どもにとってはマジカルワード

叫ぶ子ども

得意気に叫ばれると、親としてはトホホ……。

公共の場で、いきなり下品な言葉を叫び出す子ども。よその子なら微笑ましく見ていられても、親としてはたまったものではありません。世界の中心で愛を叫ぶならまだしも(古いですね)静かな図書館のまん中で、あるいは結婚式の最中に「うんこ」「ちんこ」と叫ばれると、とっさに他人のフリをしたくなるもの。恥ずかしさで消え入りそうになった経験を持つママは少なくないのではないでしょうか。

ではここで、子どもの気持ちになってみましょう。

覚えたての言葉を叫んだら、親があわてふためく。
……楽しいです。

周りの大人は、吹き出したり、にこにこと自分に注目したりする。
……楽しいです。ヒーローになった気分になるかもしれません。

時には親にこっぴどく叱られることでしょう。でも、どうしてダメなのかは、よくわかりません。たとえ叱られたとしても、親の関心を引くことができる。やめられません。

「うんこ」「ちんこ」と叫びたがるお年頃というのは、おおむね3歳前後だと言われています。この時期は、子どもにとってどのような時期なのでしょうか。

「うんこ」から「ちんこ」へ

精神分析学者のフロイトは、おおむね2歳から4歳頃を「肛門期」と名付けました。3歳頃におむつが外れる子どもが多いかと思いますが、この頃は子どもが排泄をコントロールできるようになる時期です。排泄の快感を知るとともに、適切にトイレで排泄できたという「成功体験」は、子どもの自信にも繋がっていきます。つまり「うんこ」は、この時期の子どもの関心分野なのです。

「肛門期」を過ぎると、おおむね3歳から6歳頃に「男根期」に入ります。この頃になると、性別によって性器の形が違うことに気付きます。男の子が自分のペニスをいじったり、女の子が「わたしのおちんちんはいつ生えてくるの?」と大人に聞くのもこの頃です。「うんこ」から「ちんこ」へと子どもの関心が移ったら、順調に発達しているなあと思っておきましょう。

>> では、ところかまわず「うんこ」「ちんこ」と叫ぶ子どもには、どのように対応すればよいのでしょうか。