子どものためにパパが絵本を読んであげよう

パパの絵本読み聞かせ

パパの声で絵本の音楽を奏でよう

僕はパパ絵本伝道師として、各地で子どもも大人も楽しめる絵本の普及活動をしています。中でも「子どものためにパパが絵本を読んであげようよ」というパパへの絵本普及に力を入れています。

絵本を手に取ったことがなく、これから子どもに読んであげたいと思い出したパパはどんな絵本を読めばいいのでしょうか。本屋に行くと、子どもの年齢によって様々なたくさんの絵本がありますが、基本は読み手がおもしろいと思うもの、これを読んであげたいと思う本か ら手をつけていけばいいでしょう。

パパにおすすめ! “ジャンクフードな”絵本

ママはどちらかというと、いいお話、ロングセラーの絵本、心の栄養になりそうな絵本を読みがちです。その辺はママに任せて、パパは思いっきり栄養なんて考えない、ジャンクフードな絵本を読むのもアリです。

就学前くらいになると、子どもは「ウンコ」とか「オシリ」とか、下品な言葉が大好きになってきます。同時に男の子だと「飛行機」や「電車」や「クレーン車」などメカものにも興味を示すようになります。こんな時はパパの出番なのです。

うんちっち

ステファニー・ブレイクの『うんちっち』

うんこ!

子どもたちの一番人気のテーマ『うんこ!』

せんろはつづく

リズミカルな文とかわいい絵の『せんろはつづく』

子どもをひざにのせて、『うんちっち』、『うんこ!』や『せんろはつづく』などの絵本をパパが読んで聞かせるのです。きっと子どもは大喜びすることでしょう。

一度気に入った絵本は何度も読んでとせがみます。「一回読んだじゃないか」などと言わず、できる限り何度も読んであげることが大事です。

小さい子どもは絵本を言葉で聞くのではなく音で聞きます。大人になっても、好きな音楽を何度も聴くように子どもは心地のいい音を何度も聴きたくなるのです。

時間が無いときは5分でも構いません、あいた時間に絵本で子どもとコミュニケーションを取る。心地よい音楽としてパパの低い声で絵本を聴かせてあげる。とても大事なことだと思いませんか?

さあ、今夜から絵本を聴かせてあげましょう!

 





■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「配偶者の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築している」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
経験談の応募はこちらから!

【経験談例】
第三子を出産してすぐ、夫の社内不倫と、相手女性の妊娠が発覚。それでも夫婦関係の再構築を選択した話(30代、女性)

40代で夫の不倫が発覚するも、夫婦関係の再構築を選択。子供はぶじ志望大学に進学、夫婦仲も円満になった女性の話(50代、女性)

W不倫&クレジットカードの使い込みが夫にバレて離婚。シングルマザーとなり、事務職とナイトワークの掛け持ちで生計を立てている話(40代、女性)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。