現金払いよりも便利? プリペイドカードで家計管理

(画像はイメージです)

(画像はイメージです)

ショッピングの代金をクレジットカード払いにするとポイントが貯まるので、現金で支払うよりもお得。そんな理由から、できるだけ多くの支払いをクレジットカードで行っている人は多いと思います。私もそのひとり。毎月の水道光熱費やケータイ料金など、必ず出費するものはもちろん、コンビニで支払う少額のお金も、クレジットカードで決済することで、ポイントが得られるようにしています。

そうやって現金払いをできるだけ少なくして、クレジットカード払いにまとめることで、何にいくら支払ったか、明細がわかるところが便利。わざわざレシートを見ながら家計簿を付けなくても、毎月の出費を把握することができるのです。ただクレジットカードの明細が届くのは引き落とし後のため、遅いと1ヵ月以上先になってしまうことも。カード決済だと現金払いのように手持ちのお金が減らないので、ついつい使い過ぎてしまうという声もよく聞きます。

今では様々な支払い管理ができるアプリが増えているので、明細の確認をスマートフォンのアプリで行う方法がおすすめ。中でもよく考えられているのが「au WALLET アプリ」です。このアプリでauユーザーが利用できるプリペイドカードの「au WALLET カード」の残高や支払い履歴を手軽に確認することができます。「au WALLET カード」はプリペイドカードなので毎月決まった金額をチャージしてやりくりすれば使いすぎることなく、アプリで支払い明細も確認できるので、現金払いとクレジットカード払いのメリットをいいとこどりできます。


次のページで、カードとアプリについて詳しく見てみましょう>>

取材協力:KDDI