会社にいるかっこいい既婚者男性3つの共通点!

格差社会と言われていますが、それは経済的な事柄にとどまりません。恋愛面においても格差は大いにあるのです。そして、「既婚者」と一口に言っても、会社を経営し、豪邸に住み、家庭も円満、健康管理もバッチリで、エネルギーに満ち溢れた「カッコ良すぎる既婚者」がごく少数ですが存在します。

彼らは人間的な魅力が高いことが多いため、思わず惹きつけられてしまう女性も少なくないでしょう。そんな、「カッコ良すぎる既婚者」に共通するのは、「『マ』で始まる3つの魅力」があること。それは一体何なのでしょうか? 早速見ていきましょう。
 
<「かっこいい既婚者」男性3つの共通点 目次>
 

「既婚者でかっこいい」男性1.守るものがある強さ

「既婚者でかっこいい」男性の3つの共通点!

戦う男からはフェロモンが香り立つもの。

既婚者ということは、当然ですが家庭があります。家族を養っているわけです。それはつまり、自分以外の人間の生活を背負っている責任があるということです。嫌だからといって仕事を投げ出したり、調子が悪くなって倒れたりするわけにはいかないのです。

また、会社を経営していれば、家族同様に社員の生活も背負うことになります。家庭を崩壊させてはならないのと同様に、会社を倒産させることも許されないことです。もしもそんなことになれば、従業員の人生を大きく狂わせてしまいかねません。

このような男性は、他人からは分からないほど、日々、相当なプレッシャーを感じているはずです。そんな守るべきものがたくさんある人は心身ともにタフであり、芯の強さがあります。そのため、女性だけでなく、同性から見てもカッコイイと思われることが多いようです。

そして、抱えているものが大きく、常に戦っている男性からは、ある種のフェロモンが放出されるのを、女性なら一度は肌で感じたことがあるはずです。強いオス特有のにおいのようなものに、うっかり絡めとられそうになったことがある女性もいるのではないでしょうか。
 

「既婚者でかっこいい」男性2.マネジメント能力

マネジメント能力とは、物事を取り仕切って運営・管理する能力のことです。家庭も会社も婚外恋愛も上手にまわしていけるのは、高いマネジメント能力の賜と言えるでしょう。家庭、会社、不倫相手、すべてから大きな不満やクレームが出ないように運営するのは、想像しただけでも疲弊してしまいそうですが、それをやってのける器の大きさがあるのでしょう。

実際に、家庭円満で、会社も黒字で社員からの信頼も厚く、常に女性からモテモテな「カッコ良すぎる既婚者」の知人たちは、人一倍思いやりがあって、周りの人間を喜ばせることが大好きで、人情深く、フットワークが軽いという特徴があります。そして、会社を経営しているせいか、俯瞰した見方をして物事の先をよんだり、常に全体を捉えています。

一緒にいて満足度が高いと思う人が多いからこそ、「カッコ良すぎる既婚者」の周りに人が集まってくるのでしょう。そして、何より「カッコ良すぎる既婚者」は徹底したリスク管理をしているからこそ、秘密の恋が成立するのではないでしょうか。

 

「既婚者でかっこいい」男性3.満たされているが故の余裕と輝き

「カッコ良すぎる既婚者」がキラキラ輝いて見えるのには理由があった!?

「カッコ良すぎる既婚者」がキラキラ輝いて見えるのには理由があった!?

「カッコ良すぎる既婚者」の多くは、仕事や趣味が充実していて、自己実現もできていて、愛すべき妻と子がいます。おそらく人生の95パーセントが満たされていると言っても過言ではないのではないでしょうか。その満足感は自然と余裕を生み、その充足感からキラキラと輝き、その人を一層魅力的に見せるでしょう。

さて、では残りの5パーセントは一体何なのでしょうか? この5パーセントがやっかいなところなのです。人の欲望は限りないものです。仮に、100パーセント満たされた瞬間があったとしても、次の瞬間にはまた次の欲望が湧いてくるもの。つまり、妥協をしなければ、100パーセントの満足などというものはこの世にはないということです。

95パーセント満たされている男性が、残り5パーセントで求めるものは、「自らの人生を色付ける刺激」ではないでしょうか。ここで倫理的なことを語る気はありませんが、このような「カッコ良すぎる既婚者」との恋に落ちてしまう女性に改めて知っておいていただきたいことがあります。

それは、「カッコ良すぎる既婚者」とお付き合いした場合、どう頑張っても彼にとっては「5パーセントの存在」にしかなれないということです。世の中には、実に様々な人が様々な物差しを持って生きています。皆それぞれに何らかの事情を抱えているものです。もしかしたら、「5パーセントの関係」でも幸福に満たされる女性もいるかもしれません。

それにそもそも、メスが強いオスに惹かれるのは理屈ではなく、本能として抗えないところもあるでしょう。オスとして非常に魅力的な「カッコ良すぎる既婚者」に魅せられてしまうのは至極当然でもあります。おそらく、彼らのような男性とお付き合いすれば、ハンパな独身男性では太刀打ちできないくらいのエスコートをしてくれるでしょうし、それなりに大切にもしてくれるでしょう。

決してオススメしているわけではありませんが、カッコ良すぎるけれども、自らの人生を色付ける5パーセントの刺激として女性を求める男性との甘い蜜の味を嗜むかどうかは、あなた次第です。

【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。