パクチー女子を好きになったら?

向き合う男女

こだわりを持って生きているパクチー女子はクセがあるものの、好きな人にはたまらない存在・

日本エスニック協会の「パクチーに関する調査」から生まれた、次世代の女性のあり方のひとつとして注目されつつある「パクチー女子」。

食へのアンテナが高く、海外にも一人で行けるような強さや毒舌、個性的なファッションは、男性からすれば好き嫌いがはっきりわかれてしまうタイプ。まさにパクチーのような特徴を持つ女性だといえるでしょう。

■関連記事
・日本エスニック協会「パクチーに関する調査」
・好きな人にはたまらない!パクチー女子ってどんな人?

こだわりが強いパクチー女子を好きになったら、どのようにアプローチすれば良いのでしょうか。傾向と対策をお教えします。

パクチー女子が好む男性像

自立したパクチー女子が好むのは、基本的には自分と同じように自立している男性ですが、そのパワフルさゆえに「私ならこの人を変えられる!」「私が支えてあげたい!」と意気込んで付き合ったダメ男との苦い恋愛経験があったり、現在進行中の人も多いです。

逆に苦手なのは、すぐ引いてしまう男性。パクチー女子は「自分のニーズはニッチである」と自覚しているので、相手の男性が引いた瞬間に「この人は自分とは合わないタイプなんだろうな」と考えます。「自分より人生経験が豊かだな」と思ったとしても、卑屈になったり引いたりするのではなく「面白い! もっと話を聞きたい!」と同じ目線で話を聞くと良いでしょう。