一戸建ては冬に寒い、マンションは暖かい。よく言われることですが、実はそうでもないんです。断熱性能が低いと、冷蔵庫の中にいるような底冷えを感じることも。特に北側の角部屋と1階は要注意です。マンション暮らしが快適になる断熱リフォーム事例をご紹介します。

断熱性能が低いマンションは冬寒くて夏暑い

夏場のマンション

築年数が古く断熱性能が低いマンションは冬寒くて夏暑い

マンションはコンクリートの厚い壁で囲まれています。その分、断熱性能が高くて暖かいと思われがちですが、コンクリート自体の熱伝導率は木より高く、冬の寒さで冷え切った壁に囲まれた部屋は冷蔵庫にいるような冷えを感じることも。

しっかり断熱がしてあるマンションなら、このような状況は緩和できますが、築年数が古く断熱性能が低いマンションでは外気の影響を受けやすく、寒さや暑さの悩みに加えて、結露によるカビの発生の問題もあり、健康にも不安があります。

 

1階-最下階、角部屋、最上階は寒さ暑さの影響を受けやすい

角部屋

角部屋は窓が多く明るいが、寒さ暑さの影響をより受けやすい。

マンションは部屋の位置により、外気から受ける影響の大きさが違います。影響が大きいのは、外気に面した壁面積が広い部屋です。つまり1階-最下階、角部屋、最上階です。

断熱性能が低いマンションでは、1階-最下階や北側に面した部屋は冬寒く、最上階や南西に面した部屋は夏暑くなります。特に角部屋は2方向の壁が屋外に面しているので、寒さ暑さの影響をより受けやすくなります。

 

マンションの冬の寒さを防ぐ、床の断熱リフォームの事例

今回ご紹介する断熱リフォームの1つめは、冬に足元が冷えるという1階-最下階にあるマンションの環境を改善した事例です。床下に断熱がされていないマンションの1階は底冷えがするので、小さな子どもや、床に直接座る高齢者が寒い思いをしていることがあります。

この工事では、床組をすべて撤去、スケルトン状態にして、現場発泡タイプの断熱材アイシネンを吹き付けています。スキマを埋めるように膨らむので気密性が上がり、耐湿性が高いので結露やカビの心配が少ないのが特徴です。

スケルトンの床組

築28年のマンション。スケルトン状態にしてのリフォーム。まずは床の清掃。


施工模様

ポンプを使ってホースで断熱材を吹き付ける。


発泡厚

吹き付けられて発泡後すぐに硬化。厚みの確認を行っている。


では次のページでは、北側の壁の結露とカビ対策を行ったマンションの断熱リフォーム事例をご紹介します。