メインディッシュとして食べられている大きなサラダ

サラダ

一つの料理として食べられるサラダ

日本では、フランス人シェフが提案するジャーサラダが大人気。そう、パリではもう何年も前からサラダをメインディッシュとして食べていました。サラダというと、フランス料理ではどうしても前菜と考えてしまいがちですが、こちらではカフェなどでカジュアルに食事する場合は大きなサラダとパンで済ませてしまうことも多いのです。それで満足するかって?ご心配なく。パリではおなかいっぱいになる「サラダ・ジェオン(Salade Geant)=大きなサラダ」が人気メニューなんです。

主なサラダの種類

サラダ

鴨肉がふんだんに入った南西サラダ

フランスで食べられる人気のサラダといえば、アンチョビやオリーブがトッピングされた「サラダ・ニソワーズ(Salade Niçoise)=ニース風サラダ」、クルトン、パルメザンチーズがトッピングされマヨネーズで味付けされた「サラダ・セザール(Salade Cezar)=シーザーサラダ」、そして鴨の肉がたっぷり入った「サラダ・シュド・ウエスト(Salade Sud Ouest)=南西サラダ」などがあります。

これらの定番に加え、お店独自の味やトッピング、食材が楽しめるオリジナル・サラダも数多くあります。自分で食材やサラダを選ぶこともできたりとパリのサラダは実にバリエーション豊かです。では、パリで食べられるおすすめサラダをお店とともにご紹介しましょう。

ルレ・ガスコン

サラダ

ボリュームたっぷりの南西サラダが人気

モンマルトルにある南西地方料理レストランです。ここの人気メニューは何といっても鴨の肉と砂肝、ベーコンがたっぷり入った「南西サラダ」。ほとんどのお客さんはこれを注文しています。

トマトやレタスはさっぱりとしたマヨネーズで味付けされ、ニンニクが効いた厚切りポテトが山盛りトッピングされてかなりボリュームのある一皿です。ポテトがあるからなかなかパンにも手が伸びません。冷たいビールと一緒にどうぞ。

こちらの記事も参考に>>>モンマルトルパリのカフェ

メルシー

サラダ

オリジナルの味わいが魅力

日本人にも大人気の、北マレにある総合セレクトショップ、メルシー。こちらの地下はカンティーヌ(食堂)とよばれ、美味しいランチが頂けます。日替わりのスープやキッシュも魅力的ですが、何といっても常時5種類揃うサラダが大好評。全5種類の大サラダか、この中から3種類チョイスする小サラダにすることもできます。他にはないオリジナルの味付けや意外な食材の組み合わせが新鮮なサラダは、自宅で再現してみたくなるほど。

サラダ

おしゃれピープルが集まる食堂

地下なのに優しい木漏れ日が差し込むのは、庭が吹き抜けになっているから。大人気かつ予約不可なので、オープンの12時と同時に入るのがおすすめです。

Merci
<DATA>
住所:111 boulevard Beaumarchais 75003 Paris
電話:01 42 77 00 33
E-mail : contact@merci-merci.com
営業時間:ランチは12:00~15:30、ティータイムは18:30まで(お店は10:00~19:00)
定休日:日曜
アクセス:メトロ8号線Saint Sébastien Froissartより徒歩1分
サラダは11~15ユーロ

グラディーヌ

サラダ

ボリュームたっぷりのサラダ・コンプレット

バスク地方のレストラン、グラディーヌ。パリ市内に5カ所あるチェーン店ですが、是非行ってほしいのは、ビュット・オ・カイユ店です。13区のイタリー広場にほど近い、知る人ぞ知るかわいい街並の一角にあります。

こちらのお店ではサラダのメニューが非常に充実していて、おまけにとてもリーズナブル。スペシャリテの「サラダ・サンク・ディアモン」はトマトやポテト、卵に加えシェーブルチーズ、カンタルチーズ、レバー、砂肝、ベーコンが入ったボリュームたっぷりの一皿。また、生ハムがトッピングされた「サラダ・コンプレット」も美味しいです。お腹いっぱいになったら、ぜひレストラン周辺をのんびりと散策してみては。

サラダ

いつも賑やかなレストラン

Gladines
<DATA>
住所:30 rue des 5 Diamants 75013 Paris
電話:01 45 80 70 10
営業時間:12:00~15:00、19:00~0:00(水~土曜は~翌1:00)
定休日:無休
アクセス:メトロ6号線Corvisartより徒歩5分
サラダ・サンク・ディアモン10ユーロ
サラダ・コンプレット8.5ユーロ

ラパルモン

サラダ

オーダーメイド・サラダは食材を一つ一つ選ぶのも楽しい

どんどん最先端のブティックがオープンしているパリのトレンド発信地北マレで、20年近く続いている老舗のカフェ、ラパルモン。ちょっと怪しげな店内は小さな部屋が迷路のように配置され、オレンジ色のライトが控えめに灯り、ヴィンテージのテーブルや椅子が並び、これぞパリ!といった雰囲気が楽しめます。

サラダ

素敵なパリの夜を

ここのサラダは食材、トッピング、ドレッシングが選べる「オーダーメイド・サラダ」。チーズ、肉、魚、野菜、果物、トッピングから好きなものを4~7種類選びます。値段はこの種類の数に応じて決まります。オーダーシートに書き込み注文し、自分のオリジナルのサラダが食べられます。

親しい人とおしゃれに落ち着いてパリの夜を楽しみながらサラダを食べるなら、こちらがおすすめです。

■L'Apparemment
<DATA>
住所:18 rue des Coutures Saint-Gervais 75003 Paris
電話:01 48 87 12 22
営業時間:12:00~2:00(日曜は~0:00)
定休日:無休
アクセス:メトロ8号線Chemin Vertより徒歩5分
サラダは選ぶ食材の数に応じて15~20ユーロ

■All Aboutで「毎月の家計」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※毎月5名の方にAmazonギフト券1000円分をプレゼント

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。