どんな理由があっても「いじめ」はいけないが予防は必要

=alt""

誰でもできるいじめ予防

いじめをする子供、いじめを傍観している子供はよく「いじめられる理由がある」と言います。また、いじめを「様子を見る」と言って止めない教師も「いじめられる側にも問題がある」と言います。

しかし、理由があるからといっていじめてもいいわけではありません。その部分はしっかりと大人は子供たちに伝えていく必要があると思います。そこを踏まえたうえで、いじめられないために押さえておきたい点をこれからご紹介していきたいと思います。典型的に始まることを知ることで、予防につなげることができると思います。

いじめの原因「からかい」はどんなときに始まるか

いじめの原因としてこどもたちは、ふざけっこ、からかいをあげています。(参考:いじめの動機についての警視庁の調査)
では、どんなことからその「からかい」は始まるのでしょうか。
  • 服がよごれている
  • 髪の毛がぼさぼさ
  • 忘れ物が多い
  • 遅刻が多い
  • 食べ方が汚い
  • 太っている
  • 動作が遅い
  • くらい
子供たちに聞くと、だいたい上記のことをあげます。
残念ですが、子供たちは無邪気であるがゆえ、残酷です。

最低限おさえておきたいいじめ予防

かなり現実的な内容ではありますが、前に述べた「からかわれる」要因をできるだけなくしていくことが、いじめ予防として具体的におさえていただきたいことです。
  • 服装を清潔にする
  • 髪の毛を清潔にする
  • 忘れ物をなるべくしない
  • 時間やルールを守る
  • 極度な肥満にならないように注意する
  • 周りに迷惑をかけない程度なペースで動く

特に小学校低学年の子供達は、誰かのせいでクラスのペースが乱れることを嫌がります。

ですから、できるだけこれらの「からかい」の対象にならないよう家庭で予防することも必要であると私は思います。小学校低学年のいじめが解決に至らないと、高学年、そして中学校まで続いてしまうという現実を考えても、これらを気をつける習慣をつけることは身を守ることになります。

また社会に出てからも積極的に役にたつわけではありませんが、周りに迷惑をかけないという観点から身につけておいたほうが良いと思います。

いじめはいけないと折に触れ子供には伝える

そして、折に触れ「いじめはいけないこと」だということを話していただきたいと思います。「いじめ」はしてはいけないことであると同時に、「いじめ」をされることも通常ではないのだということを子供たちに認識させるのです。

物を盗まれないための工夫や予防をするように、いじめられないための工夫や予防をし、「いじめ」そのものはいけないことなのだと家庭で教育していくことで、深刻ないじめ被害が少しでもなくなることを願っています。



■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「配偶者の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築している」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

【経験談例】
40代で夫の不倫が発覚するも、夫婦関係の再構築を選択。子供はぶじ志望大学に進学、夫婦仲も円満になった女性の話(50代、女性)
モラハラ・DV夫との生活に耐えかね、予告なしに家出。離婚調停を経て離婚した話(40代、女性)
W不倫&クレジットカードの使い込みが夫にバレて離婚。シングルマザーとなり、事務職とナイトワークの掛け持ちで生計を立てている話(40代、女性)

☆エクシェアの記事を毎月お得に読めるマガジンこちら
「パートナーの不倫・夫婦関係の再構築」に関する体験談を読むならこちら

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。