人生の転機になった子どもたちの健気な言動とは?

子どもの言葉が人生を変えるきっかけに

子どもの言葉が人生を変えるきっかけに

「豊かな心」の持ち主が最後に豊かになると言うのは作家の佳川奈未さん。考え方を変えれば自ずと豊かになっていく!実体験から導きだしたお金と幸せの極意についてインタビューします!(第1回目のインタビュー『お金と幸せを呼び込む「考え方」と「口ぐせ」って?』から続きます)

人との関わりが自分を大きく変えてくれるということがあります。貧しいどん底生活から抜け出す最初のきっかけをくれたのは、自分の子どもでした。

子ども3人を働いて食べさせていた当時、食べていくのもままならない日もありました。夕食でも自分は食べずに、そのぶんを少しでも子どもたち回そうとしていました。

すると、「ママ、どうして食べないの? ママの分がなくて、かわいそう。ママ、ボクのを食べて!」と、一人の子が自分のおかずを私のお皿に入れたのです。すると「ボクのもあげる!」「ボクのも食べて」と、次々と他の子たちも。

子どもたちは、ほんの少しを分けてくれたのではなく、自分のすべてを惜しみなくぜんぶ私のお皿に入れてくれたのです。これを見たとき、子どもはなんと愛が大きく、豊かなんだろうかと感じて、泣けてきました。

また、ある日のこと、学校の先生からこんな電話が。「お母さん、子どの靴をよく見てください。あれじゃあ、かわいそうですから」その電話で玄関まで行って子どもの靴をみると、なんと、底がはがれていて、足が出てしまうほど。

家にお金がないことをよく知っていた子どもたちは、お金のかかることは一切、私には言わないようにしようと自分たちで決めていたのでした。

「そのとき、私の中で何かが弾けました。もうこんな生活はいやだと。子どもにまでみじめな思いはさせたくない」。それにはどうしたらいい? 自分自身を、この生活を、変えなくてはいけない──。心の底から思いました。

そうして、ナポレオン・ヒルやジョセフ・マーフィーなどの本を徹底的に読み、思考は現実化するという真理を知ることになったのです。考え方を変えるだけで人生が変わる? 

これまでだって、何も考えていないわけではありませんでした。しかし、豊かになる考え方、幸せになる考え方をしていたか? と問われると、そうとも言えませんでした。不本意な現実からなかなか抜け出せないのは、自分の考え方が間違っていたからだと思い至ったのです。

「ないない」思考から「あるある」思考へ大転換!

それをきっかけに、「ないない」思考から「あるある」思考へ大転換! まず「あれもない、これもない」と考えるのをやめました。お金もなければ時間もない、才能もなければ人脈もない──。まさにこれこそが自分を貧しくさせている発想だったのです。そうではなく、いまあるもの、自分が持っているものに目を向ける。「あれもある、これもある」というそういう思考に変えてみたのです。

自分には狭くても楽しいわが家があり、かわいい子どもたちがいる。健康もあるし、つくろうと思えばもっと時間もある! と。そういえば自分は書くことが好きだった……そんな好きな世界もあるし、夢もある!  それを生かすだけでいいのかもしれないって。

その後、ひょんなことから、勤めていた会社の海外出張で、ロサンゼルスに行くことになったのです。美と健康と女性の幸福について様々な論文や研究や製品を世界中に送りだしているその博士を取材する仕事でした。とはいえ英語はろくに話せなかったし、いろんなことが心配でした。しかし、「なんとかなる」という発想で行くことにしたのです。

その博士との出会いが私を大きく変えてくれました。ビバリーヒルズで博士に会うと、彼はこんなことを教えてくれたのです。
「あなたも成功したいなら、このことを覚えておいてほしい。それはね、“精神50%・遺伝25%・習慣25%から希望を得る”ということだよ。つまり“すべては物の考え方次第!”ということなんだ」

「自分の過去や生い立ち、いまの環境があなたにとって思わしくないものであっても、それに捉われることはない。“ここからどうにでもできる”“自分の可能性を試せる”“自分にも何かやれる!”と、そう思えたとしたら、もう半分成功したも同然ということなのだよ」

博士はさらに続けました。「自分の思考に責任を持って潔く生きると、自分も他者も生かせ、賢明な言動ができるようになり、良い結果を自然に受け取れるようになるのだよ」

お金のことであれ、なんであれ、何か困ったことがあったとき、“どうしよう、どうしよう”とネガティブになって考えるよりも、はなから“こうしよう!”とポジティフな考えに向かっていけば、うまく乗り越えられ、望む結果を叶えることが可能になる。

博士との出会いで、金運がアップし始めた!

ポジティブな精神が自分の人生に対する見解の半分を占めれば、そのときすでに成功したと同じ状態になっているのだと。

だからこそ、不本意な状況があったとしても、恐れたり心配したり不平不満を言うまえに、「自分が望んでいるのは、こうだ!」というものをみつけ、物事に自発的に関わっていけば、お金のことでも、仕事のことでも、人間関係でも、思う結果につなげられるということです。

この博士との出逢いによって、自分自身や人生に対する考え方や、お金に対する見方も大きく変わりました。それまで自分も両親の離婚を経験し自分は貧しい星のもとに生まれたから貧乏でもしかたないという気持ちがありました。

でも「私にも幸せになる可能性はある! 豊かになるチャンスはある!」と理想に思考を向けたとたん、それまで眠っていたいろんな力が自分の中から湧き出てくるような気持ちになったのです。

すると不思議なもので仕事も人もどんどん寄ってくるようになりました。豊かさを呼び込む仕事も人づきあいも、まさに、自分が自分を豊かにしよう、そうなれるはずだと確信したときに現れるもの。

あなたは、自分を豊かにする努力をしていますか? お金を追うのではなく、自分の思考を豊かに耕すということを通して……。

★次は、ミラクルナミちゃん流お金持ちになれる意識の持ち方です!

教えてくれたのは……

佳川奈未(よしかわ・なみ)さん

undefined

 

作家・作詞家・アーチスト。神戸生まれ、神戸育ち。東京在住。株式会社POWER FACTORY代表取締役社長。「生き方」「運」「お金」「恋愛」「成功」をテーマに多くの著書を執筆、海外でも多数翻訳出版されている。20代の頃より、アンドリュー・カーネギーやナポレオン・ヒル、ジョセフ・マーフィー博士などに影響を受ける。その後、株式会社POWER FACTORYを設立(代表取締役社長)し、学んだ成功理論に独自の成果法やメンタルケア・メソッドを取り入れ女性向けの自己啓発の世界を展開。執筆活動の他、講演や公演、ディナーショーやセミナー、トークCD・音楽CDなどでも活躍。雑誌・ラジオ・テレビなどのシーンにも多く登場。著書に『おもしろいほどお金を惹き寄せる心の持ち方』(PHP研究所・PHP文庫)、『富裕の法則』(マガジンハウス)、『結果は自然に現れる!』(講談社)など多数。

★ 佳川奈未公式サイト http://miracle-happy.com/
★ 佳川奈未プロデュース&主宰 夢を叶える大人のカレッジ
『MIRACLE HAPPY COLLEGE』http://namiyoshikawa-mhc.net/  

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。