自分の中の「ふつう」レベルを引き上げる!

幸せなお金持ちになるために

幸せなお金持ちになるために

「豊かな心」の持ち主が最後に豊かになると言うのは作家の佳川奈未さん。考え方を変えれば自ずと豊かになっていく!実体験から導きだしたお金と幸せの極意についてインタビューします!(第2回目のインタビュー『ミラクルナミ流!幸運とお金を呼び込む人付き合い』から続きます)

お金持ちになりたいというのなら、自分が持っているお金の「これが、ふつう」という、その“ふつう”の基準を見直すことが大切です。というのも、「いまあなたが手にしているお給与や金銭事情は、“あなたの望んでいた基準に見合ったもの”である」からです。

「えっ!? こんな安月給、誰も望んでいないわ!」「わたしはもっとお金が欲しいし、お金持ちになりたいと思っているのよ」と、いう人もいることでしょう。しかし、人は、誰でも、“これがわたしの基準”として持っている「金銭レベル」に見合った人生を送っているだけなのです。

たとえば、お給与が25万円の人は、「まぁ、25万円くらいあったらいいか。これなら、社会保険や、何やかやと引かれても、手元に20万くらいは残るし……」と、その金額を「よし」として、その会社に入ったのです。

この世の中のほとんどの人は、求人広告や就職情報誌を見て、自分が「よし」とする仕事を、「よし」とする金額でやる許可を下します。逆にいえばそれ以上は求めないし、求めても無理だと潜在意識に刷り込むのです。大体自分のいまの年齢で月30万円が限界だと考え、月100万円だの1000万円だのという世界はそもそも違う世界だと考える……。

それがなんであれ、人は自分に「許可」したものしか、受け取れないようになっています。お金に対するどんな許可を自分がしているのか、一度、ふりかえってみるといいかもしれません。

実際、この世の中には、月給100万円ももらっている人もいれば、なかには月に数千万円もの大金を手にしている人もいるものです。それは、そういう人たちが、「月給100万円はほしいよね」「月に、数千万円もありだ」と思い、意識的にも無意識的にも、それを「よし」と“許可”しているのです。

つまり私たちは自分の可能性と限界を実は自分で規定しているのです。その値が高い人はそういう仕事をし、実際それに見合うお金を手にしている。だからこそ「億」というお金を稼ぎだす人もいる。あなたがどのくらい豊かになれるのかは、あなた自身の持っている「金銭に対する意識レベル」で決定されてしまうということです。

人が、お金に恵まれないのは、決して、会社のせいでも、あのケチ社長が渋っているからでもありません。悪魔があなたをプアーにし、天使が隣の人を金持ちにしたのでもありません。もちろん、あなたが“貧しい星のもと”に生まれたせいでもないのです!

自分に対してどんな許可を与えるかは、その人の自由

そもそもあなたは、いくら稼いでも、いくら豊かでいてもいい星のもとに生まれてきた存在なのです!  しかし、この世の中のほとんどの人たちは、まさか自分の金銭事情や人生の豊かさの程度が、自分の持っている「ふつう、この程度でしょ」という“金銭レベル”のせいであるとは、夢にも思っていません。

しかし、その「ふつう」は、本当に「ふつう」でしょうか? その思考の常識を一度疑ってみてください。あなたの価値はそこに限定されず、もっと素晴らしいものがあるかもしれません。自分で月100万円の価値があって、稼いで当然だと思えば、仕事に対する見方も、生活に対する見方も変わってくるんじゃないでしょうか?

現実に、月何百万円、何千万円と稼ぐことを「ふつう」のことにしている人もいるわけです。大切なのは、どのレベルを「ふつう」とするのかは、その人の自由だということ!

誤解して欲しくないのは、なにも20万円のお給与をふつうとしている人は基準が低いからよくないとか、100万円をふつうの基準にできる人がえらいとか、そういうことではありません。人は自分に許可した範囲でしか稼ぐことはできないということ。その許可を下すのは自分自身であり、自由だということです。

人はいったん自分の目標レベルを高いところに置き、自分にとっての「ふつう」や「当たり前」のレベルを上げることができると、それをクリアするための思考や行動をおのずとするようになります。その結果仕事やチャンスを自然にみつけられるようになるのです。

実際、私自身がそうでした。お金に縁のなかった頃は、「食べていけたらそれでいい」と思っていて、多くを望まないようにしていました。自分の稼ぐお金は月にせいぜい20万円ぐらいだと。

それゆえ、無意識にそういう仕事しか選ばないし、全く違う人生のシナリオが用意されているなんてつゆほども考えない。その結果、自分が描いたように食べていくのがギリギリで、生活はいつまでもしんどかったのです。

しかし、「好きなときに好きなだけ使える、お金に何不自由しない人生を叶える!」と決めるや否や、なぜかおもしろいほど仕事やチャンスや自分を引き上げてくれる人が現れ、みるみるお金に恵まれるようになったのです。

もし、「億万長者になりたい」というのなら、はなから、「億というお金を持つのも、いいだろう」と、それを自分の「ふつう」とし、許可することが大切です。それが本気であれば、あなたは誰にいわれずとも自然に自分を最大限に生かし、豊かな仕事をし、それなりの報酬を得ることになるでしょう!

★佳川さんのインタビューは次回に続きます!

【過去のインタビューをチェック】
第1回 お金と幸せを呼び込む「考え方」と「口ぐせ」って?
第2回 ミラクルナミ流!幸運とお金を呼び込む人付き合い

教えてくれたのは……
佳川奈未(よしかわ・なみ)さん

undefined

 

作家・作詞家・アーチスト。神戸生まれ、神戸育ち。東京在住。株式会社POWER FACTORY代表取締役社長。「生き方」「運」「お金」「恋愛」「成功」をテーマに多くの著書を執筆、海外でも多数翻訳出版されている。20代の頃より、アンドリュー・カーネギーやナポレオン・ヒル、ジョセフ・マーフィー博士などに影響を受ける。その後、株式会社POWER FACTORYを設立(代表取締役社長)し、学んだ成功理論に独自の成果法やメンタルケア・メソッドを取り入れ女性向けの自己啓発の世界を展開。執筆活動の他、講演や公演、ディナーショーやセミナー、トークCD・音楽CDなどでも活躍。雑誌・ラジオ・テレビなどのシーンにも多く登場。著書に『おもしろいほどお金を惹き寄せる心の持ち方』(PHP研究所・PHP文庫)、『富裕の法則』(マガジンハウス)、『結果は自然に現れる!』(講談社)など多数。

★ 佳川奈未公式サイト http://miracle-happy.com/
★ 佳川奈未プロデュース&主宰 夢を叶える大人のカレッジ
『MIRACLE HAPPY COLLEGE』http://namiyoshikawa-mhc.net/  
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。