キッチンは聖域

パーティー料理写真

ホームパーティーの一例(ガイド撮影)

食事の間は、家の主が料理をサーブしてくれることでしょう。ここで、お皿を下げたり料理を出すのは大変だろうと気を使って自分も席を立って手伝おうとしたら、遠慮されるかもしれません。これは主と客との間柄がどれだけ親しいかにもよるので一概には言えないのですが、キッチンにはあまり他人には入られたくないと思っているのが一般的なようです。

ですから、もしも主が遠慮するようだったら、素直に従って席につきましょう。主にとっても、招待客が楽しく過ごしてくれているかどうかが一番大切なのであって、お皿洗いを手伝って欲しいとは思っていないのです。

帰り際を見計らう

気心の知れた人との楽しいパーティーの時間はあっという間に過ぎてしまうものです。それでも次の日が平日だったりするときには、適当な頃合いを見計らってお暇しましょう。
帰る前には招待客一人一人に挨拶してから、主にお礼を言います。

E’ stata una bella serata. エ スタータ ウナ ベッラ セラータ
(とても素敵な夜でした)

おとぎ話のシンデレラは、馬車がカボチャになる前に挨拶もそこそこに慌てて帰ってしまいましたけれど、最後まで楽しい時を過ごしてくださいね。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。