再婚者のライバルには未婚者もいる

仕事がら、再婚を希望する人にたくさんお会いする機会がありますが、一番困るのは、相手に対する高望みです。ルックルはもちろんのこと、学歴や収入にかなり厳しい条件をつけてくるのです。昨今、未婚の人でも結婚するために努力が必要なのは「婚活」という言葉が流行ったことからもわかるはず。再婚をする人は、努力をしている未婚の人がライバルになることを忘れてはいけませんね。

離婚をした人は、相手に原因があると思っている

離婚の原因は相手だけにあるの?

離婚の原因は相手だけにあるの?

離婚をした人の特徴のひとつ、それはついつい前の夫の悪口を言ってしまうことです。「あんなところが嫌でした」「こんなところが嫌でした」と、「嫌でした」のオンパレード。本当に些細なことでも、嫌だから離婚をしたのだと思いますが、それにしても多すぎます。なので、私はいつも思うわけです。

全部相手が悪いの?と。

もちろん、相手にも悪いところはあると思いますが、では自分はどうだったのでしょう。あなたがそうさせたということはありませんか?たとえば、浮気が原因で離婚をした人の場合、浮気をした方が全面的に悪いように思われがちですよね。でも、ちゃんと旦那さんの相手をしていましたか?

つわりがひどくて実家に戻っているときに浮気をしていたとか、子どもが生まれた後に浮気をするようになったというのはよくある話です。仕事が忙しくて、気づいたら他につき合っている人がいたということもけっこうあります。

そういう夫婦の場合には、浮気をした方も悪いのですが、全然かまわなかった方にも非があると私は思います。2人の子どもなんだから仕方ないじゃないとか、生活するために仕事をしているんでしょ!と言いたいのはわかりますが、それでも夫婦は夫婦です。男性として見てもらえないと思ったら、男性だって魔がさすことはあります。罪悪感がないわけではないのでしょうけど、ダラダラとつき合ってしまうこともあると思うのです。

高望みはしてもいいけれど…

浮気が原因で離婚をした人は、当然ながら、再婚相手に浮気をしない人を希望します。加えてルックルがよくて、収入も多くてという具合に、すてきな人を切望します。でも、そんな人には、浮気の危険がつきもの。もしそういう人を本当に希望するのであれば、いつまでも自分に惹き付けておく魅力を持たなければなりません。なので、再婚相手に高望みをするのはかまいませんが、その人と釣り合う自分になる努力が必要ということです。

【関連記事】
愛のない出会いからの結婚で幸せになれる?
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。