ブログで当時の臨場感を伝える

TwitterやFacebookなどのSNSの台頭により、ブログの立ち位置もずいぶん変わりました。速報として伝えるときにはSNS、あとでレポートとしてまとめるときにはブログ、という使い分けをしている場合が多く見られます。

レポートとしてのブログ記事を書いているときに、Facebookの投稿をそのまま紹介したいと思ったことはないでしょうか。当時の投稿を載せることで臨場感を伝えることができ、自分のFacebookの宣伝にもなります。

この記事では、特にインパクトが強い「写真付き投稿」をブログに埋め込む方法を紹介します。なお、ブログに埋め込むことができるのは「全体に公開」している投稿のみです。ブログは不特定多数の人が見るものなので、全体公開しなければいけないのは、当たり前と言えば当たり前です。事前に公開範囲を確認し、限定公開しているときには公開範囲を変更しましょう。


ブログに埋め込むためのコードを表示する

まずは、投稿した写真をクリックします。
写真をクリック

写真をクリック


写真が大きく表示されますが、ここで日付をクリックします。
日付をクリック

日付をクリック


別のページに移動するので、右下にある[埋め込み投稿]をクリックします。
[埋め込み投稿]をクリック

[埋め込み投稿]をクリック


すると、埋め込み用コードを選択した状態で、画面が表示されます。このコードをコピーしましょう。「横幅(ピクセル)」で、ブログに埋め込んだときの横幅を変更できます。
コードをコピー

コードをコピー


あとは、ブログのHTML入力画面で、コードをペーストします。HTMLで入力する方法はブログによって異なるので、各ブログサービスのヘルプを参考にしてください。ガイドが使っているライブドアブログでは[HTMLタグ編集]をクリックして入力します。
[HTMLタグ編集]をクリックして、コードをペースト

[HTMLタグ編集]をクリックして、コードをペースト


これで、ブログにFacebookの投稿を表示できます。
ブログにFacebookの投稿が表示された

ブログにFacebookの投稿が表示された



ニュースフィードの投稿をブログに埋め込む

上記で紹介した方法は、ユーザーのタイムライン(自分のページ)から埋め込む方法ですが、ニュースフィードで流れている投稿なら、もっと簡単にできます。投稿の右上にある[∨]をクリックして[外部へ埋め込む]をクリックするだけで、コード選択画面になります。
[∨]をクリックして[外部へ埋め込む]を選ぶと、コード選択画面になる

[∨]をクリックして[外部へ埋め込む]を選ぶと、コード選択画面になる


Facebookは親しい友人とのやりとり、ブログは世界に広く配信といったように、両者は根本的に使い方が違います。しかし、だからこそ、両者をうまくつなげて活用すると、新しいつながりが生まれるかもしれません。Facebook、ブログともに、公開する情報や写真には十分注意しながら、インターネットを使ってうまく情報発信しましょう。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。