地味なQRコードに自分のアイコンを

以前の記事で、QRコードを使った友達申請の方法を紹介しました。
友達申請をしよう - スマートフォンを持っているならこの方法

1年以上前の記事なので、画面デザインが少し変わっていますが、今でもQRコードを使った友達申請はできます。相手が目の前にいるなら、検索で探すよりもずっと楽です。

このときに表示されるQRコードは、どこにでもある地味な見た目です。もし、ここに自分のアイコンを表示できたら、相手にかなりのインパクトを与えることができます。実は、たったワンステップ追加するだけで、それができてしまいます。


QRコードにアイコンを表示させる

まずは自分のQRコードを表示します。画面構成はiOSとAndroidで若干異なりますが、大まかな流れは同じです。[その他]または[≡]をタップして[友達]を選び、さらに[QRコード]をタップします。
(左)[その他]をタップして[友達]をタップ。(右)QRコードをタップ。もし表示されないときは、上部を左右にスワイプしよう

(左)[その他]をタップして[友達]をタップ。(右)[QRコード]をタップ。もし表示されないときは、上部を左右にスワイプしよう


すると、自分のプロフィールページにアクセスするためのQRコードが表示されます。このQRコードを1回タップすると……なんと、背景が自分のアイコンに変わります!
QRコードをタップするたびに、通常(左)とアイコン入り(右)に切り替わる

QRコードをタップするたびに、通常(左)とアイコン入り(右)に切り替わる


あとは、相手に読み取ってもらうだけです。[スキャナー]をタップすると、QRコードを読み取るためのカメラが起動します。QRコードを読み取れば、相手のプロフィールページが表示されます。友達申請なり、メッセージ送信なり、ご自由にどうぞ。
(左)[スキャナー]をタップしてQRコードを読み取る。認識精度はかなり高く、4分の1くらい写ればアクセスできる。(右)読み取り直後の画面

(左)[スキャナー]をタップしてQRコードを読み取る。認識精度はかなり高く、4分の1くらい写ればアクセスできる。(右)読み取り直後の画面


なお、通常のQRコードリーダーのアプリを使って読み取っても、自動でFacebookアプリが起動し、相手のプロフィールページを表示します。


ちょっとしたサプライズを

どちらのQRコードを使っても、表示されるプロフィールページは同じなので、実用性という点では違いがありません。ちょっと相手を驚かせるというサプライズ感はあるので、次に使うときには、一度試してはいかがでしょうか。あまり知られていない機能なので、会話を盛り上がるきっかけにもなります。



■All Aboutで「毎月の家計」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※毎月5名の方にAmazonギフト券1000円分をプレゼント

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。